お墓そうじ、意外とコツがいります。


但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
お墓掃除はまず大きく分けて、

① 墓地内の草取り、潅木の剪定などのいわゆる
【除草作業】

② 墓石の清掃、そうじの
【石材清掃作業】に分けられます。

今回、年季の入った玄武岩系の石の掃除をします。

DSC_0009

このようにかなりコケ、汚れが付着しています。
また、長年風雨に晒されて、表面が風化しています。

今回は、一番簡単な清掃作業、
【簡易清掃作業】をします。

DSC_0019

使うのは、このふたつと
後は水ですね。
水はたっぷり使わないときれいになりません。

黄色い方は「スクレーバー」と言います。
汚れなどをかきとる道具です。

木の柄の方は「水あか取り」に使う道具。

DSC_0012

正面はまだ光沢が残っているので、
この2つの道具と水でかなり美しくなりました。

 

DSC_0040

これは裏面。
水あか、コケがしっかり付いています。

DSC_0045

スクレーバーでこすり出すとずいぶん落ちました。

DSC_0046

ある程度はきれいになります。
光沢が残っている、と言う条件で。

 

DSC_0015

問題は、光沢が落ちてしまっている場合。
上の写真、上の面はずいぶん汚れていますね。

DSC_0023

スクレーバーでまず、こすってみます。
これも角度、表面の状態を確認しながら
こすっていきます。

DSC_0025

はい、このとおり。
ずいぶんゼニゴケが付着しております。

DSC_0028

その後、
この水あか取りをするんですが、
光沢が落ちていて、表面がガタガタ。
水あかが十分落ちません。

DSC_0037

はい、このとおり。
光沢が上の面は完全に落ちてしまっています。

雨、雪、直射日光と様々な自然現象で
すっかりボロボロになってしまってます。

垂直の面と比べると一目瞭然。
同じ時期に磨いたはずですが、
ずいぶん違ってきてしまってます。

石自体も花崗岩よりも柔らかい、と言うこともあり、
風化がずいぶん進んでいます。

今、お墓の石に使われてる石は花崗岩が多いです。
花崗岩は多少、風化に強いですが、
それでも永久と言うわけではないですね。
20年30年経つと花崗岩でも光沢が落ちる石があります。

 

お墓掃除は大量の水、
あるいは、雨上がりがベストタイミングです。

 

○お墓掃除はこちら。 →→→ 【簡易清掃作業】

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。