年に一度はお墓そうじ(その2)


但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
昨日のお墓そうじの続き。。。(^_^;)

お墓そうじ、私は仕事としてしておりますが、
結構好きです。
お墓がきれいになるし、
手軽にね。

お墓そうじすると、たとえ他人のお墓だとはいえ、
心がすっきりと
します。

不要なモノを捨てた時と近いかな。

断捨離(だんしゃり)って、いいますけど、

正しくそんな感じです。

(そうじと断捨離は関係ないかな。。。(^_^;)

DSC_0105-2

このような、水あかというか、
緑になったりしますね。お墓の石。
植物の緑が写るのかな。。。

DSC_0106-2

でも、簡単に落ちます。
このように、スポンジでも
簡単に落ちます。
水を含ませただけです。

DSC_0109-2

石と石の間の隙間が狭くて
拭きにくいですが、

DSC_0111-2

このように、すっきりきれいに落ちました。

DSC_0117-2

このような、お墓の横の面の汚れ。
これも簡単に落ちます。

これらは、去年、掃除したから。
去年掃除したから簡単に汚れが落ちるんです。

何年もほっておいたら、
そう簡単には落ちません。

DSC_0120-2

きれいになりました。

DSC_0129

岩田さんのお花をお供えして、

DSC_0136-2

華やかな花です。(^_^)/

DSC_0023-2

出来上がり。
きれいになりました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。