灯ろう、建てますか?


おはようございます。

但馬豊岡のお墓のプロ、大北です。
今日は、お墓の灯ろうについて、
皆さんに聞いてみたいのですが。。。

お墓建てるとき、地域にもよりますが、
「灯ろう」って建てること、多いですよね。

私の住む豊岡も以前は必ずと言って
建てていました。
しかも、安い中国の石で安い人件費で作っていたので、
灯ろう自体も非常に安くて、
お墓建てていただいたら、灯ろう一対を無料で
お付けします、って業者さんまで現れて、
まさに、おまけ、
付属物状態でした。

DSC00415-2

 

DSC00461-2

 

DSC00415-2

さて、この写真見て気づかれた人もいるかも、
ですが、
入口の左右に比較的背の高い、
灯ろうを2基建てて、
入口が。。。
狭い、ですよね。

敢えて建てる必要を感じない、
そういう人もいるかもしれないです。

せっかく灯ろう建てたのに、
一度も使った形跡がない、
と言うお墓もあります。

しかも、
以前のように非常にリーズナブルなら
まあ、あってもいいか。。。
となりますが、
それが、今や、かなり高価となりつつあります。

さて、あなたは灯ろう、
建てますか?

DSC_0015

このような小さなサイズもあります。
置き灯ろうと呼びますが、
地面に置くように設置するから、と思いますが
サイズは非常にちいさくなりますし、
手前においても、圧迫感がありません。

さらに、
一対(左右2基)ではなく、
1基、一つだけと言う選択肢も
あるような気がします。

DSC00645-2

さらに、
このお墓の左右にある、小さなもの。
ロウソク立というもの。
言うなれば、
ミニミニ灯ろう、とでも呼んでいいのかも
しれません。

ロウソクで線香の火を着ける、
と言うことだけなら、これで十分ではないですか?

もちろん、灯ろうは絶対、建てないと
格好つかない、と言う人も
いらっしゃるでしょう。

それを否定はしませんが、

建てない、付けない、
と言う選択肢もあるのかもしれませんね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。