こういうお墓、良く見ますね。


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
ところで、お墓そうじ行きましたか?

耳が痛い、って人もいるかもです。(^_^)/

私は仕事柄、良くお墓、墓地に行くんですが、
こういうお墓、とても良く見かけます。

DSC_0045-2

花が枯れてる。

DSC_0046-2

せっかくお供えしたお花が。。。

DSC_0058-2

その枯れたお花のあくがこぼれて、
花立の石を汚している。

DSC_0100-2

これなんかも、完全に腐って枯れて、
もともと花だったなんて、想像も付きません。

さて、

これは、お墓参りした人が
良かれ、と思ってお花をお供えしたんでしょうけど、
ずいぶんひどいことになってます。
私はこれを見たら、基本的に
お花を処分したくなります。

知り合いのお墓とか
自分が建てたお墓なら
実際、処分してしまう時も。。。

きれいなお花の間は2,3日、長くても1週間程度。
その後は次に誰かがお墓参りに来るまで、
ずっと、この枯れた、腐ったお花の残骸を
お供えし続ける、ことになります。
それは事実です。

なんだか、申し訳ないですよね。
年に2,3回しかお墓参りしない、と言う人は
次のお盆とか、お彼岸まで、
ずっと、このままですよ。

なんだか、お花を供えない方が
良いような気さえします。

かといって、
2、3日に一回、お花を交換するために
お墓に行くって、
難しいですよね。
そこで、

その間の時期、
腐らない、枯れないお花をお供え、ってどうですか?

DSC_0049-2.

DSC_0002

DSC_0023-2

「岩田さんのお花」(造花です)をその間、お供えするってのは、
どうですか?

うん、確かにいいかもしれない。
きれいだし、
一年間くらいは持つらしいし、
安いホームセンターに売っているのより、素敵だし、
オーダーメイドなので、お墓にピッタリのお花を
作ってくれるそうだしな。。。

多忙期の今は、多少時間がかかるかもしれません。

「岩田さんのお花」(造花です)

でも、
一度お供えして、
岩田さんのお花と交換するために
もう一度、お墓に行かなくちゃ行けないじゃないか。。。

そう仰ると思いました。
そのことも含めて、
明日、続きを。。。(^_^;)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。