おすすめの石④~その他の石


日曜日、今日は豊岡市豊岡消防団の
「操法大会」の日です。
私達田鶴野地区の
「第6分団」も出場します。

結果はどうあれ、最善を尽くしたいと思います。
場所は但馬こうのとり空港の隣りの防災広場。
頑張ってきます。

さて、
おすすめの石シリーズ、
今回はその他として、以前使ったことがある石。
使ったことないけど、いいと言われている石などを
ご紹介します。

まずは、北欧の石から。
フィンランドの石、
「バルチックキング」
地味な石ですが、
非常に硬いことで有名です。
私も何度か使ったことありますが、
非常に加工が困難だったと記憶しています。

125 バルチックキング-2

全体の色がややよもぎ色ですね。
和型、洋型、デザイン墓、どれでもいけます。

同じ北欧、スウェーデン産の石、
「バーハス(BHS)」

DSC_0013

やや色合わせが難しいかもしれません。
吸水率は多少あるかもしれません。
ただ、このような明るいブラウン系の石は
中国の石がとれなくなった今、
アメリカのローズピンクとこの石くらいではないでしょうか。
希少価値の高い石です。

それ以外では、やはりインドの石になってしまいますが、
緑系、黒系の石は
インド産をまず検討すべきですね。
非常に多種多様で、安いものから高価なものまであります。

特に人気が高く、品質も良いとされるのが、
「M1-H」

9584f81789dbb294df50d8f9fbbcc1cb1

かつて、中国産の緑系の石がありましたが、
波があるのと(良い時と悪い時の差が大きい)、
化学薬品で光沢を出していた、と言ううわさが絶えず、
今はほとんど使われていません。(と思いますが。。。)

それに変わる、インドの緑の石として、
この石が人気があります。

黒系は非常にたくさんの種類がありますが、
今は品質、種類ともにインド産が一番だと思います。
石種によって、黒の濃さ、粒子の粗さ、模様などが違いますが、
どの石もそれなりに品質は平均以上ではないか。

黒とか赤とか、緑とか、
私はデザイン墓でしか使わないので、
国最近のトレンドはあまり詳しくないですが、
これが大よその感じではないでしょうか。。。

来週からは、国産の石のおすすめをご紹介します。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。