おすすめの石⑤~大島石特級


日本の石でお墓を建てようと以前書きました。
→→→「日本のお墓は日本の石で建てましょう」

そこで、じゃあ、おすすめは。。。て聞かれた時、
まずこれをすすめなきゃ、と言うのは
「大島石」です。

DSC07172 - コピー

(こちらは大島石の丁場です)

これは異論もかなりあると思います。
大島石の良くない評判も聞きます。
悪い噂も聞きます。
今良い石が採れていないとも聞きます。

それでも私は大島石を勧めたいです。

もちろん条件があります。

<最高品質の大島石であること>

ランクの落ちる大島石なら、他の石のほうがいいです。
石でよく使われる
比重が重い、
吸水率が低い、
目が均一で細目

というのが墓石材の品質の基準となります。
品質的には大島石と遜色ない石はたくさんあります。
でもそれでも大島石を選ぶ根拠があるのです。

<中国加工ではなく国内のしっかりした加工であること>

石材加工は非常に手間と熟練が必要です。
そのため加工にごまかしが行われている場合があります。
国内の実際に見学できる工場での加工なら安心できます。

<実際のサンプルを見てみて石の状態を確認している>

実際に加工している石と同じ石でサンプルを作ってもらってそれである程度の判断をします。色目、細やかさ、均一さ。
加工途中での検品が出来れば尚一層の確認になるでしょう。

<石に気品があること>

これは、私だけではないと思うんですが、その他の石や、外国材には分かりにくい”品”が感じられるときがあります。
本当にごく一部の最高級の大島石だけですが。
これが感じられる石は本当にいい石だと思います。

4番目の理由はちょっと分かりずらいかもしれません。
私もいつも感じるわけではないのですが、確かにあります。
これを始めて感じたとき、大島石が大好きな石になりました。

でも、ですよ。
百人お墓建てる人がいて、
その百人全員が大島石が一番だとは言えません。

お墓を評価する数値、大したことありません。
ぱっと見、それほど目立つ石でもありません。
強固と言いますが、もっと硬い石はいくらでもあります。

でも、一つあなたに聞きますが、
仮に、1億円する「盆栽」があったとして、

その価値を数値に表すことって、出来ますか?

惚れているか、
どれほど好きか
どれほどその価値が分かるか、

そういうことも関係しているんです。

なので、他の石屋さんに聞けば、
別の石が最高、となるかもしれません。

でも、私にとっては最高の石なんです。

非常に高価な石なので、
その価値が分かったとしても、
誰でもお墓に使える石ではないと思います。
ですが、
本当にいい石なんです。
私は一押しの最高の石です。

それだけにこの石でお墓を建てられる方は
本当に幸せだな、と思います。
それほどの石なんじゃないかな。。。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。