お墓にステンレス製品は付き物??


雨の但馬、豊岡です。。。(涙)

DSC_0004

なんだか晴れない空と気分。。。
でも、まあ、
前を向いて歩いているうちに
元気が出てくるのが、
人間というものです。

まあまず、一歩。

昨日、花立のリフォームの話を
ご紹介しましたが、
お墓にはステンレス製品がほぼ付き物と
なってきました。

便利ですね。
ステンレス製品。
腐食せず、
硬くて、
いつまでもピカピカしてて、
そんな、高品質のステンレス製品を
提供してくれるのが、
「川本商店」様です。

石材業界では知らない人は
”もぐり”だといわれるくらい、
有名な企業様です。

DSC_0002

 

うちにあるパンフレット。
古い。。。ですか??

多少、古いかもしれません。

DSC_0004

今はもっと新しいバージョンが出てるのかな。

まあ、しかし、
川本商店様は
品質が高いだけじゃなく、
いろいろな商品がそろっております。

CIMG0577

(これだけ宣伝すればいいですかね。。。Kさん)

その中から、
ステンレスの筒、ロウソク立などの
一部の商品をご紹介します。

といっても、
カタログの中身紹介ですが。。。(^▽^;)

DSC_0007

まずは、ステンレスの花立。

頑固おやじが丹精込めて作り上げた、
職人技の粋。

って感じですが、
実際、そうなんでしょうね。

DSC_0013

まずは一番ベーシックなこの形。
昔、このあたりに一番多かった
シンプルな形です。
それだけに、サイズがかなり細かく分かれていて、
バリエーションが多いですね。

墓相のお墓にはいまだにこの形が多いです。

上の段は私はあまり使いませんが、
セメントで固定するタイプ。
穴開けし直さずに、セメントで埋めるタイプです。
現場で持ち帰らずにできるので、
人気があるのかもしれません。

DSC_0017

ほかにも様々な材質のもの。
色もいろいろあります。
石に近い色も。

DSC_0020

こちらは、今主流のツバ付きタイプ。
見栄えがいいのと、
実はステンレスの筒の掃除のとき、
石から抜きやすいのも人気の秘密。

けっこう、くっついて抜きにくいものです。

逆に掃除は面倒になります。
形が複雑ですから。。。

DSC_0021

さらに、穴が小さくて、加工できない場合、
このように下の穴に入る部分は小さく、細くて
上に大きくなっているものもあります。

石に加工できない、
石が固定されているなどの場合、
おおきた石材店でも代用します。

でも、上が大きくて
邪魔になるので、
限定的な使用になりますね。

DSC_0022

さらに、ボルト止めタイプ。
電源を用意したら、
一番手軽にできます。
まったく穴がない場所にも
花立を設置することができます。

最近人気のようです。

DSC_0024

さらに、地面に直接刺すタイプもあります。
コンクリートや固まる土のお墓には使えませんが、
土のままのお墓には有効です。

さらに、ステンレス製のものもあるので、
プラスチックのように毎年新しくする必要もありません。
掃除もできますね。

ただ、尖っているので注意が必要です。

など、
花立を中心にご紹介しました。
一部は普段私も使っておりますが、
ボルト、セメントで固定するタイプは
あまり使ったことがありません。

でも今後増えそうですね。

ボルト固定タイプは
「花立が一対しかなくて、
もっとたくさんお花をお供えしたい」
というご要望の場合、使えるような気がしますね。

それぞれに一長一短ありますが、
一番いいパターンを提案したいと思っております。
そのお墓に一番いいものを。

また、

「お墓参り自体、それほどいけないので。。。」

という方に、こういうサービスもしております。

 

(て、いうか、これ川本商店の宣伝記事じゃねえの??実際の話。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。