これは、初めてだ!!


台風接近中の
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

いや、全く関係ないですが、
最近、これを読み返してみました。

なかなかおもしろかったです。
さすが司馬遼太郎。
読ませるな~~
100戦して100敗した劉邦が
戦の天才、項羽にどうやって勝ったか??

古代の中国人は本当に魅力的です。

でも、とりあえず、
それはどうでもよくて、

お墓の下見に行ってきました。(^▽^;)

初めて行く墓地です。

DSC_0088

このお墓なんですが、
納骨口がすごく変わってます。
後ろから納骨なんですが、

DSC_0086

このように扉がついていて、

DSC_0084

取り外しできるわけです。
なるほど、考えたな。。。
このような形の扉は
初めてです。

初めてといえば、
正確には初めてではないのですが、
変わった灯ろうがありました。

なかなか考えているな。。。

DSC_0101

この灯ろうなんですが、
何の変哲もない、と思ったんですが、
よく見ると、

DSC_0100

火袋だけ6角形。
正確には六角注です。

DSC_0099

すごい。
なかなか独創的な灯ろうです。
自分で作ったんでしょうね。
たぶん但馬の石屋さんだと思いますが、

素晴らしい仕事だと思います。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。