豊岡にある灯ろうその2


こんばんわ。
今日は夜更新となってしましました。

息子二人が通う北中の体育祭が
快晴の下、行われました。

DSC_0012

私は、駐車場整理に始まり、
その後、息子二人の観戦。

DSC_0014

この夏というか、今年一番の日焼けしてしまいました。。。
暑かった。。。
PTA競技に参加されたみなさん、ご苦労様でした。

ところで、豊岡の変わり種灯ろうのご紹介のコーナーが
まだ始まっておりませんでした。。。(^▽^;)

DSC_0046-2

 

ちょっと変わった、灯ろうです。
これは。。。
庭灯ろうとの融合系ですかね。
う~んと、
なにかな。。。

DSC_0034

こちらは、
「棒灯ろう」というカテゴリに入りますか。。。
それに笠を付けた、興味深い形ですね。

DSC_0049

これは、逆笠というか、また笠のみの変形タイプですね。
この笠は私は結構好きで、
最近一番よく使う置き灯ろうは私はこの笠を使います。

DSC_0037

これですね。
この形の置き灯ろう、最近一番よく使う形ですが、
これも逆の笠の形です。
お椀を伏せたような形ですね。

DSC_0032

このような変わった形状の笠を持つ灯ろうもありました。
これは、通路にはみ出しているような気がするな。。。

ほかにもいろいろあります。
狭い墓地で灯ろうを建てたい、という方、
ロウソク立では物足りない、という方、
ぜひ、参考に。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。