インドのおすすめの墓石材


おはようございます。
今朝も雨模様ですかね。

「弁当忘れても傘忘れるな」
と豊岡の古老のありがたい言葉が残っている
但馬、豊岡の秋の雨です。

弁当忘れると、つらいよ。。。(^_^;)

ところで、今お墓建てようか、と思われている人にとって
石選び、非常に難しい問題となりつつあります。

今お墓に使う石でお勧めできる石って
極めて限られているからです。

特に中国の石が
採掘停止、採掘場閉鎖。
いろいろな事情がありますが、
多くの特にグレー系みかげ石が
どんどん使えなくなっております。

その中で、インドの石がしばらく前から
注目されていて、
今、いくつかお墓におすすめの石を、
と言われたなら、
インドの石を挙げますね。

その中で、グレー系の石を中心に
ピックアップしてみようと思います。

まず、最初に上げなくてはならないのは
この石。

「アーバングレー」です。

DSC_0004

DSC_0002

業界内だけでなく、建墓される側の人も知っているほど、
有名になった石です。
吸水率は非常に低く0.056%
硬質で、お墓にするには非常に品質の良い石です。

ポイントは、

白っぽい石、赤っぽい石という
アーバングレーが出回っているのでそれは避けること。

文字彫刻がうまくできない、という表現を時々見かけます。
確かに難しい石です。
目が粗い、硬さの違う粒子が混ざっていてきれいな彫刻面になりにくい、などの特徴があります。
が、丁寧に彫刻すれば、それほどひどい彫刻にはなりません。

それらがクリアできれば、ほんとにいい石です。
ただ、年々価格が高騰してます。
そのうち、バングレーのような高価な石になってしまうかもしれませんね。

新たにインドグレー系みかげ石ラインナップに加わった
石がこれ。
「ロイヤルブラウン」です。

DSC_0008

その名の通り、茶色が混ざったみかげ石です。
新たに加わった石ではありますが、
非常に美しく、アーバングレーより多少目が細かい
魅力的な石です。

新しい石なので、間違いなく、とは言えませんが
評判等を聞くと、いい石のように思います。

DSC_0012

アーバングレーのように今後、人気の石になりそうな予感がする
石です。

逆に、長くインドの石として、
使われてきている石。
歴史はある石ではこれですね。

「銀河」

DSC_0014

「銀河」として、長く流通されているインドの銘石です。

DSC_0015

最近は
「新銀河」という名前でも石が出ているようですが、
目は細かく、硬くて、水も吸いにくいということで、
昔からお墓に使われている石です。

かつては、インドの石の代名詞と言えたんですが、
最近はいろいろないい石が採掘されだして、
すっかり影が薄くなってきていますが、
それでも、いい石に変わりありません。

ポイントは
白い玉が出やすいので注意すること。
その白い玉が気になるようなら、
この石は避けた方がいい気がします。

目は細かいので、文字はきれいに出ます。
いい石だと思います。

そして、こまめの石といえば、
この石。

復活したのはいいのですが。。。
「バングレー」です。

DSC_0017

かつて、バングレーとして、登場して
私もずいぶんこの石でお墓建てました。
硬くて、水も吸いにくく、
文字彫刻も美しく仕上がり、
ホントに大好きな石でした。

DSC_0019

ちょうど、アーバングレーの目を細かくしたような石なので、
外柵をアーバン、石塔をバングレーで建墓したこともあります。

ですが、一時期、採掘中止になり、
その後復活したのですが、
非常に高価になってしまいました。

さて、この石で、お墓を建てようと考える方、
いらっしゃるでしょうか。

そんな方、ぜひご一報を\(^▽^)/

そして、最後にご紹介するのは、

この石。

シルバーグレーとも呼びますが、
「銀灰石」とも呼びます。

DSC_0022

この石はアーバングレーの姉妹石です。
全然似てないですが。。。
同じ場所で採れるらしいです。

見た目は全然違うんですが、
品質は全くアーバンと同様。
キメはアーバンより細かく、
一部の人は
「アーバンのトロの部位」
呼ばれる人もあります。

DSC_0024

私はまだ建墓に使った経験がないのですが、
ぜひ一度、使ってみたい石です。

ご検討の方は

「トロの石で」

images

とご指名くださいませ(^_^;)

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。