造花という選択、場合によってはありでは?


以前建墓させていただいた、お墓です。
素敵な花ですね。

「岩田さんのお花」 です。

DSC_0013-2

造花ではありますが、
鮮やかな緑で、素敵ですね。

DSC_0015

この墓地の中で一番目立つお花でした。

造花ではありますが、すごく素敵なお花です。
でも、
お墓に造花はちょっとね。。。
と、お思いのあなた。
ちょっと考えてください。

お墓参りの時は生花を持っていって、
普段はこの造花をお供えしておく。

お墓は生花がいいのはわかりますが、
毎週お参りする人ならいいですが、
半年に一度、あるいは、
年に一度のお参りなら、

ほとんどの時期、お墓には

「枯れたお花」が供えられている状態

ですよね。

確かにお供えしたときは美しい
ですが、
枯れたお花をお供えし続ける、って
あまり気分が良くないです。

なので、
その他の時期は
この造花を供えておく。

そして、
またお墓参りの時期には
生花を持っていく。

いかがですか。
枯れた花よりは造花の方が
良くないですか?

「でも、その交換のために
お墓に行かなくてはいけないんじゃないの!!」
とご立腹の方、

こんなご提案いかがでしょうか?
これなら、可能ですよね。

「造花デリバリーサービス」

ただし、
岩田さんのお花を購入していただいた顧客様のみのサービスです。

これで、いつでもお墓にきれいなお花が
お供えしてある状態です。

素敵なお花がいつまでも。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。