お墓に使える石~暖色系


おはようございます。
雨ごとに秋が深まっていく気がします。
深まる秋、
いい言葉ですね。
何が深まっているのかよくわかりませんが、
日本的でいい言葉です。

今日はお墓に使える石シリーズです。
(そんなシリーズあったか。。。)

まずは洋墓、デザイン墓に使える石として暖色系の石は
人気がありますが、
豊岡ではまだまだそれほど暖色系の石のお墓は
建っていません。
なので、今ねらい目ですよ。

DSC_0014

この5種類をピックアップしてみました。
上段、右から
「インドダコタマホガニー」
「インドマホガニー」
下段右から
「ニューインペリアルレッド」
「G663」
「クリスタルローズ」
という名前です。
(別名もいくつかあるので、名称は石材店、商社によって異なる場合もあります。)

豊岡では、下段右の「ニューインペリアルレッド」と
その隣、「G663」しか見たことないですね。

それ以外の石は最近の石です。
でも色は濃いものが多いですね。

DSC_0018

これがクリスタルローズ。
石材業界ではピンクというよりブラウン系といわれますかね。
以前、中国産の中国マホガニーという石がありますが、
これが使えない??
ようになってきて、代替えの石ですね。
この手の石はいくつかあって、

DSC_0013

これ、スウェーデン産の
バーハスという石も同系統の色の石です。
こちらは珍しい北欧産の石なので、
女性に人気があります。

ちなみにうちの工場の前に展示している

DSC_0002

これも、バーハス(BHS)です。

暖色系の中でも比較的濃い目の
この2つ。

DSC_0024

上段右の「インドダコタマホガニー」
(接写したら明るい色になってしまいましたが、
実際はもう少し濃い色です。)

DSC_0028

こっちは上段左の「インドマホガニー」
この2石種はいずれもインド産の石ですが、
最近、ちょくちょく見かけるようになった石です。
濃い暖色系で、
この手の石はあまり見かけないので
目立つことは間違いないです。

そして、こちらは定番。

DSC_0021

インド産のニューインペリアルレッド。
俗に「ニューインぺ」と呼びますが、
赤い石として有名です。
ただ、気を付けないといけないのは
ホントの赤はあまり採れない、
ということ。
赤といっても、
これって、茶色じゃない!!
という色が多く出回っています。

ホントに赤いねという石は
限られていて、値段も高くなりがちです。
使われるときはサンプルを取り寄せることを
おすすめします。

最後は
中国産の「G663」です。

DSC_0020

中国のピンク、
いや、
ピンクの石といえば、
この石、というくらい有名な石ですね。
以前は、岡山県産の「万成石」
あるいは、その一番濃い「竜王石」も
ピンクの石でしたが、
今は色目が多少変わって、
薄いピンク?、茶色?くらいの感じになってます。

さあ、
デザイン系、あるいは洋墓を建てようと
お考えの方、
この石も参考にされたらいかがでしょうか。

ほかにもこんな石あるんですが、

DSC_0030

あまりお墓には向かない石もあるようです。
建築材には使えてもね。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。