娘の成長。


今日は日曜なので、
石とは関係ないお話を。。。

私は現在、小学校と中学校の掛け持ちで
「読み聞かせボランティア」をしているんですが、
その中学の図書の担当のT先生から、
「このフォーラム、行ってもらえませんか?」
と、言われて、
「はい、わかりました」と
やってきたのが、
出石、永楽館。

DSC_0001

なかなか風情があって、いい小屋ですね。
初めて来たんじゃないかな。。。

そこで、これに参加しました。

DSC_0003

ひょうご子ども読書活動推進フォーラム。
つまり子供たちにもっと読書させるにはどうしたらいいか、
という会、です。

このプログラムをパラパラとめくっていると。。。

。。。

。。。

。。。

!!!

これって、うちの娘の名前じゃあ。。。

ビブリオバトルって何??

そんなこんなで
途中で抜けるつもりが、
最後までいなくてはならなくなったわけで。。。
(最後に出てくるようです)

ながい、ながーい前座のあと
(私にとってです。。。永田萌、河合両先生すいません。。。)

ついに始まりました。

DSC_0009

いや、5番目だったんですが、
緊張しましたね。

私が。。。(汗)(汗)(汗)

自分の好きな本を5分間でプレゼンテーションして、
面白さをわかってもらい、読んでみたいと思ってもらう。
それを何人かで競って、勝敗を観衆の投票で決める、

というものです。

プレゼンはよかったですね。
わが娘ながら。。。
緊張したはずなんですが、
物おじせず、声も出ていたし、
何よりも自分で決めたスタイルをあの緊張の中で
やりとおしたことは、すごいと
わが娘ながら、括目しました。

結果は但馬代表には惜しくも選ばれなかったですが、
それに匹敵する内容だったと思います。

ただ惜しむらくは
漫画、ゲームを捨てて、本を読みましょう、という
雰囲気の会場において、
「漫画」を紹介してしまったこと。
しかもその内容は多少マニアックで、高齢な人が目立つ
会場内では受け入れがたかったな、という
戦略面での失敗が足を引っ張ったかな(^_^;)

まあ、でもいろいろ新しい才能というか
見つけられてよかったです。
私は娘の他人より優れた部分を2つくらい
見つけているんですが、
これも、将来、伸ばせばいいものになりそうですね。

自分なりに決めて、
自分なりに成長しているんだなって、
目の前で見れて、ほんとによかったです。

T先生、ありがとうございました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。