お墓に使える石シリーズ~日本の石2


さあ、ほぼ最終回のこのシリーズ。
「ほかにもたくさんあるのに、どうしてこれだけなの??」

 

という疑問がある人もいるかもしれません。

ですが、このシリーズは
私が実際使ったことがある石とか、
興味のある石、
今後使ってみたい石などを中心に取り上げており、
それ以外は、あまり含めておりません。
(あまり知らないから、という部分もあるかな。。。(^_^;)

ので、最終回は
いつもの、よく見る顔ぶれになってしまいました。

DSC_0029

この5石種です。

やさとみかげ。
茨城県で採掘される全国的に有名な石ですね。

DSC_0030

この下の真壁小目とともに、茨城県を代表する
銘石です。
価格も日本の石にしては、お手頃感もありますし、
何より、全国的に有名で歴史もある石ですね。

DSC_0035

こちら、真壁の小目は非常にその名の通り、細目で
お墓にするにはもってこいの石ですね。
鮮やかな青みかげ石です。

そして、これからはなじみ深い瀬戸内の石、
「青木石」です。
関西では、特に但馬では、非常によく使われた石でした。

その理由は、加工しやすいということ。
粘りがあり、角もちもよく、
目もそろっているので、合わせやすい。

つまり、
自社加工にはもってこいの石だったわけです。

DSC_0032

それで、一時期、とてもよく使われ、
豊岡でも昭和30年代後半から、平成に年号が変わるあたりまで、
とてもよく使われた石でした。
美しい貴婦人を思わせる石は
女性受けする石として、
とても重宝されました。

弘法大師の石としても有名で、
真言宗の方はぜひともこの石をご指名くださいね。

 

DSC_0036

次に、ご紹介するのは、大島石。
言わずと知れた、関西では、横綱級のブランドの石です。
最近は、やや外国材に押されて、価格も高いのもあって、
敬遠されがちですが、
やはりこの石で建てられたお墓は別格ですね。
特に私はこの石が好きで、
いろいろブログにも書いております。
http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-11115743266.html

とにかくいろいろな意味で楽しませてくれる石でもあり、
魅力的な石でもあります。

最後にご紹介するのは、こちら。
天山石です。
かつては、「天山みかげ」という名で、
九州のローカルではそこそこ有名だったんですが、
玄人好みの石だったんですが、
いつの頃か、突然大ブレーク!!!
一気に超メジャーになってしまいました。

DSC_0038

数値は日本の石ではトップクラス。

→→こちらでチェックしてね。

あまりの人気で品薄
(いい石が、という意味ね。。。)
と言われます。

ちょっと最近は価格が高くなってきて、
お手頃感が薄れてきたかな。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。