お墓は誰のために建てるの?


エバーノートに、
以前、フェイスブックに投稿した記事が残ってました。
なかなかにいいこと書いてるじゃない。
ということで再録します。

そういうことですね。

(投稿したことすら忘れてた。。。(^_^;)

フェイスブック投稿記事(2014-01-24)


 

みなさん、大きく勘違いされてませんか??

「子どもに迷惑掛けたくない」
「息子に負担かけたくない」
と思って、お墓を建てないと決めている人。
そう、あなたのことです。

お墓は、亡くなった方のご遺骨を
納める場所ですが、
残された遺族のために建てるのです。

「残された家族に負担になるので
お墓を建てるな」遺言に書こうかな、
って、思ってるあなた。

あなたのためのお墓じゃないですよ。
残された家族のためのお墓ですよ。

家族は多かれ少なかれ、あなたに依存しています。
そう見えなくても、家族ってそういうものです。
あなたの存在がなくなったら、
家族の中で、大きな穴がぽっかり空いてしまうんです。

「こんなとき、父さんが生きていたらな。。。」
「母さんが生きていたら、何て言うだろうな。。。」

そういう時、
行けばいつでも会える場所。
相談できる場所。
安心できる場所。

残された遺族の心のケアが
出来る場所です。

あなたのためだけの
お墓じゃないんです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。