Daily Archives: 2015年12月28日

Q100~和型のお墓の装飾加工②~陣笠頭

他の地域にはあまり見かけませんが、
但馬には多いのが、「陣笠頭」のお墓です。

これは、私の父が製作した「陣笠頭」のお墓。

o0800060011311792423

 

そして、これは私が製作した「陣笠頭」のお墓です。

o0800060011311792425

薄めですね。
背の高さが低い、というのか。

また、この陣笠にはバリエーションがあって、

o0800060011311792426
このように、陣笠というより、山脈頭??と呼んだ方がいいような、
角ばった頭です。
独特ですね。てっぺんだけが平たい(^_^;)

そして、これは逆lパターン。

o0800106711311794938

同じように陣笠の縁は尖っているんですが、
その内部は滑らかな局面。
一番陣笠に近い形ですかね。

陣笠といっても、いろいろな形があります。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q099~和型のお墓の装飾加工①~頭の形

非常に多種多様なんですが、但馬地方で見かけるものだけご紹介します。

まず、一番ポピュラーな、この形。

o0800060011311801704

四方向、どちらも局面のアール加工です。
「四方丸め」とか「大阪頭」とか私は呼んでいますが、
正式名称は何と呼ぶのか知りません。
「大阪頭」というのは、「大阪型」墓石はこの頭だからです。

o0600080011311789600

これは京都型のお墓の特徴になっている形。
私は「京都頭」と呼んでますが、(そのままですが。。。(^_^;)
てっぺんの中心から四方の端にかけて、なだらかな曲面になっている形。

o0800060011311790689


「香箱型」
と俗に呼ばれている形。
但馬にはあまり見ません。
このお墓は、なんちゃって墓相墓で、
しかも遠方の石材店が製作したようです。
これはホントに見ませんね。

o0800038111311793486

これは、「トキン(兜巾)型」と呼ばれる形です。
神道系のお墓には必ず使われる形です。
戦死者の軍人塔はもう少し背の高いトキン型の頭を使いますね。

 

o0800060011311793488

そして、これも珍しいんですが、私は個人的に「かまぼこ型」と呼んでいます。
京都型の前と後ろを加工しない形、という感じでしょうか。

これは少ないんですが、小さなお墓には比較的合いそうです。
このお墓に使わせてもらいました。
DSC00321

そして、次は、私の一番好きな
「陣笠頭」です。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q098~両墓制ってなに?

お墓が二つある古い埋葬の仕方、です。

昔は土葬と言って、お墓に穴を掘って、そこに棺桶ごと
遺体を埋め、土を被せて埋葬しておりました。

その埋葬するお墓の中に、一部の地域なのですが、
埋めるお墓とお参りするお墓を分けていた地区がありました。

人が亡くなったら、Aという場所に穴を掘って埋葬する。
その上には目印として、自然石などを載せておきます。
でも、法事などでお参りするところは
Bという別の場所に石のお墓や墓標を建てて、そっちにお参りする。

そういう風にお墓が二つある地域が全国各地にかなりの数あったようです。
(実際、今も二つのお墓を持っている地区があります)
そういう風な供養の仕方を「両墓制」といいます。
「ウメハカ」と「マイリハカ」の二つということです。

理由ははっきりとはしませんが、
死者を穢れた存在と考え、
ムラからできるだけ離れた場所に死者を埋葬する目的で作ったのでは、
と言われています。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q097~西洋のお墓と日本のお墓の違いは?

いろいろ違いがありますが、
一番大きな違いの一つは、
「西洋のお墓」は
生前の姿、形を残そうとしますが、
日本のお墓は,それをできるだけ残さないように
成り立っています。

西洋、ヨーロッパやアメリカのお墓は
生前の顔写真や姿をお墓に彫刻などして、
故人が分かるように残しますが、
日本のお墓は、生前の顔写真などは
お墓には残しませんでした。
(仏間などに肖像写真などを飾ることはありますが。)

これは明らかに文化の違いですが、
キリスト教徒は死んでも、復活することを考えてあるのかもしれません。
火葬もしないのも同じ理由からでしょう。
日本は死んだら全く別の世界へ行って、ごくたまに帰ってくる(お盆)。
でもそのうち、成仏して、生まれ変わると考えていたから、ではないでしょうか。
生まれ変わってしまったら、全く別の人になりますから。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q096~お墓は大量に作れば、安くなる?

あまり安くはなりません。

お墓と同じ、価格の高い自動車などは、大量生産なので、
場合によっては安くなることもあるでしょう。
機械化が進んでいることもあります。
人件費が安い国で製造していることもあります。

ただ、
お墓はそこまで機械化されていません。

石を切る工程、磨く工程の一部が機械化されていますが、
完全な機械生産とはなっていません。

また、人件費の安かった中国での生産を続けていましたが、
今やそれほどメリットのある人件費ではなくなってきました。
さらに安い人件費を求めて、アジア各地に生産をシフトする動きが
一部ありますが、まだ大勢にはなっていません。
輸送コストが高くつくこともありますし、
加工にある程度の熟練が必要だということもあります。

お墓の場合、大量に生産しても安くはならないでしょう。
また大量生産するような工業製品でもない、と思います。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q095~日本で一番高価な石って?

香川県高松市牟礼町にある五剣山から採掘される石
「庵治石」が今現在、採掘されている石の中では、
日本一、いや世界一高価な墓石材だとされています。

今や採掘されていない石を含めれば、
「みかげ石」という名前の由来となった、
兵庫県神戸市の御影から採掘されていた「本御影石」が
おそらく最も高価な石材となります。
ただ、現在は採掘されていないので、
実質、「庵治石」が日本一いや、世界一高価な墓石材となります。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q094~採掘で捨てられた石はどうなるの?

出来るだけ有効利用されています。

捨てるといってもホントに全て廃棄処分されているわけではありません。
ある程度は環境石材、建築材、建設資材等に利用されていると思います。

でないと、あまりにもコストが高くなりますから。
しかし、石材用に掘削している石ですから、
普通の砕石として採掘している採石場と
墓石材を採掘している採石場では、
コストがまるで違います。

しかも墓石材とはまるで単価の違う環境石材、
さらに安い建築材、もっと安い建設資材となれば、
もう掛かった費用を回収するのは無理でしょうね。

しかも、製品の単価が安いので、輸送費もかけられませんので、
近い場所で消費しなければなりません。

まあ、捨てるよりもいいか、というレベルではないかと。

採掘場では、大きな穴(採掘跡)が開きます

その埋め戻し材として、使われるのが最も多いでしょう。
それがもっとも合理的ですよね。

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」
    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」