Q129~塔婆立って?


ズバリ、塔婆を建て掛ける台。塔婆スタンドみたいなものです。

塔婆はかつてはお墓のそばの土中に差し込んで
立てていたものです。
がしかし、
最近はコンクリートの基礎施工しますので、
地面に刺すということができず、
しかし、もともと刺すことを想定して作ってあるので、
安定が悪く、倒れやすいので、
スタンドが必要になる、ということです。

いくつか形状がありますが
多いのは

DSC_0363

こういう形状のもの。
足元が石でできているか、
それとも何もないか、などの違いがありますが、
丸い(あるいは四角い筒状の柱が2本建っていて
その間に塔婆を立てるシステムです。

DSC_0348-2

あるいは、省スペースタイプとして、
石の柱にステンレスの四角い輪が付いていて、
その中に塔婆を納めるタイプ。

上の写真がそうですが、
塔婆が小さくて、フィットしてませんね。
風でおそらく倒れてしまいます。

DSC_0361-2

このように、すべて石でできたものもあります。
こちらは丈夫ですが、費用が掛かりますね。

これ以外にも、石製のもので、
外柵と一体となったものや、
ブロックを代用した塔婆立まであります。

風で倒れやすい
塔婆のサイズがいろいろある、
お墓とフィットするかどうか?
強い風でも倒れない構造か?

などを考慮して考えましょう。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。