Daily Archives: 2016年1月17日

Q143~両家墓の形④ニューデザイン型

このタイプは、形は全く自由に作られている場合です。
多いのはデザイン墓ですが、決まった形があるわけではないです。

お墓自体にも
〇〇家之墓と彫らず、自由な文字を彫る場合が多いですね。
ほぼ通常のデザイン墓と同じと考えていいですね。

ではどうやって両家墓と見分けるのか。

多いのは、花瓶などに右に「〇〇家」と彫って、
左には「◆◆家」と彫るなどです。
外柵の正面のどこかに同様に左右に名前を彫るという場合もあります。

 

◇ 「両家墓」目次ページ ◇

○ 「完全分離型」墓地
○ 「墓地共有型」墓地
○ 「墓石共有型」墓地
○ 「ニューデザイン型」墓地  ←(この記事)

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q142~両家墓の形③墓石共有型

墓地は一つ。
墓石は一つ。
でも、入る人は二つの家族。
このタイプは多いですね。

特に、まだお墓が建ってない、
古いお墓がある。
あるいは、どちらか一方がお墓があるけど、
もう一方のお墓がない、という場合。

 

DSC_0232-2

 

上の写真は、名前と家紋も分けて二つ彫刻してあります。
ここまで完全に分離されているのは珍しいですが、
両家が相談して、決められたんでしょうね。

お墓自体は一つですが、
完全に対等に二つの「家」が同居という感じですね。

◇ 「両家墓」目次ページ ◇

○ 「完全分離型」墓地
○ 「墓地共有型」墓地
○ 「墓石共有型」墓地   ←(この記事)
○ 「ニューデザイン型」墓地

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」