Daily Archives: 2016年1月19日

Q150~お墓を建てる時期⑦~最適の季節は?

じゃあ、最適な時期はいつなの。。。
いつ建ててもダメなんじゃないの。。。
と思われますが、
しっかりいい時期があります。

ズバリ、
春の梅が咲きだす季節から梅雨の長雨が始まる季節まで。

それと、
秋のお彼岸過ぎから冬の寒くなる季節まで。

 

この二つの時期がお墓を建てるにもっともふさわしい
最もベストな季節です。

もちろん、
条件①の仏事的日程が最優先ですが、
それがある程度選択余地があるなら、
この二つの時期を目安にお墓つくりを検討いただけたら、
きっといいお墓が建つのではないか、と思います。

 

 

お墓を建てる時期は?

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q149~お墓を建てる時期⑥~寒い冬は?

非常に気温が低い12月から2月も注意が必要です。

 

雨が降るのはまずいですが、乾燥して、
しかも寒い時期ならお墓を建てるには最高??

但馬、豊岡は雨ではないですが、雪が降ります。
この時期。
決して乾燥していないんですが、
仮に乾燥しているとして、
お墓を建てる時期としては、どうですか?

乾燥しているのはいいのですが、
寒いのは、多少注意が必要です。

コンクリートは固まるとき、水分が抜けていくんですが、
その時、水分が凍結すると、施工不良となります。
なので、コンクリート施工後、固まり強度が出るまでに
気温が氷点下になる可能性があるときは、
しっかりとした養生が必要です。
これは、コンクリートだけではなく、
石を施工するとき使う、モルタル(砂とセメント、水を混ぜたもの)も
固まるときは同様に養生が必要です。

さらに、接着剤施工の場合も
暑い場合と逆に、硬化するまでに時間がかかるんです。
その間に動いたり、ずれたりして施工不良にある可能性もあります。
またその硬化までの時間の間、水分が含まれると
施工不良の原因になります。

さて、

「じゃあ、いつ建てればいいの!!」
「お墓建てる時、無いじゃないの!!」
face_obaasan_cry

とおっしゃるかもしれません。

ズバリ、お答えします。
お墓を建てるのに最適な季節は。。。こちらです。

 

 

お墓を建てる時期は?

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q148~お墓を建てる時期⑤~夏は?

雨がだめなら、夏は大丈夫だろう。。。(^_^;)

ですね。
でも、夏だからベストだとは限りません。

暑すぎる夏も問題があります。
「雨」の心配はあまり心配しなくてもいいでしょう。
でも、暑すぎる気候が災いすることは、お墓を建てる場面ではけっこうあります。

まず、
「コンクリート施工時」
通常、コンクリートは徐々に固まって、最終的には一ヵ月程度で
設計強度になります。
ですが、気温が高すぎる場合、
コンクリート施工面に直接日光に当たる場合は
急速に乾燥して強度が足りなくなったり、
乾燥が早すぎて割れてしまったりするんです。

それから、
「ボンド接着施工」の場合、
こちらも乾燥が通常時より早くなります。
気温が低い場合、1~2日程度で固まるんですが、
気温が高い場合、数時間でけっこう固まってきます。

施工に手間取ってしまうと、接着剤が固まってしまって
施工し直しということもあります。
手早く施工するということが大事になってきます。

う~ん、
夏も難しいなら、寒い時期はどうですか??

 

お墓を建てる時期は?

 

 

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q147~お墓を建てる時期④~梅雨の時期は?

② 雨が多い6月後半から7月前半も避けた方がいいです。

雨は、いろいろな弊害が出てきます。

まず、現代のお墓を建てるのに必須と言えるのは、
「接着剤」の使用です。
これが曲者で、(^_^;)
水分とほこり(汚れ)によって、施工不良になってしまうんです。

正しい接着施工に必要なのは、
「接着面の両面の乾燥(水分が少ないこと)と汚れていないこと(ほこりもきれいに取り去ってあること)

 

つまり雨は大敵なんです。
雨で石が濡れてしまうと途端に施工不良で
十分な接着力がなくなってしまいます。

もうひとつ。
基礎工事に使うのはコンクリート。
こちらも施工後の水分補給はオッケーなんですが、
施工前の水分補給は強度の低下を招きます。
雨の中のコンクリート施工は明らかに強度低下を招きます。
養生することである程度の対処はできますが、
施工途中に突然の雷雨、となると、本当の意味で「最悪」の状態となります。

つまり、お墓工事中の降雨はいいことは一つもない、ということです。
雨の季節はお墓の工事は避けたいところですね。

もちろん、接着施工の際、雨に直接濡れなければ、問題ありません。
コンクリート施工時も直接雨がコンクリートに流入しなければ、問題ありません。
つまり十分な養生の上での施工は問題ない、わけです。

では、
逆に雨の少ない夏の時期の施工はどうでしょうか?

 

お墓を建てる時期は?

 

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q146~お墓を建てる時期③~旧正月はダメ?

どうして1月から3月はお墓を建てない方がいいのか?

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
「中国で日本のお墓の8割くらいを作っているから」です。

1月末から2月にかけて、旧暦の正月で
中国に人々は田舎に帰ります。
日本でも神戸の南京町などの
「春節祭」が行われますね。

その時期に田舎に帰って、その機会に職替えして
石材加工店を辞めたり、
もっと待遇のいい工場に移ったりがよくあるそうなのです。
(田舎での情報交換が行われていそうですね。。。(^_^;)

帰ってこない職人もいて、
新しく素人の職人を雇って、ゼロから指導。
。。。。
それぞれの工場の技量が大きく落ちる時期なのです。
1月から3月頃が。

では、この1月から3月の時期はお墓を建てたらダメなのか。
そんなことはありません。

日本の工場で作ってもらったら、
時期は関係なく、素晴らしいお墓ができます。
ただ、
条件があります。

①・・・国産の石に限られます。
②・・・加工賃が中国より高くなります。
(その差はずいぶん縮まったといわれています)
③・・・どうしても国内加工に集中しますので、すべてのお墓を作れるわけではない、わけです。
生産能力を超えて、その時期までにできない、ということも考えられます。

それらの条件をクリアできれば、可能です。

どうしても、2月の納骨までにお墓を建ててほしい
という場合、費用もさることながら、
一日も早い依頼が左右するかもです。

では、1~3月を除けばいつでもいいのか、といえば。。。雨もいけません、雨も。。。

 

お墓を建てる時期は?

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q145~お墓を建てる時期②~プロの意見は?

お墓を建てるプロの立場で言うなら、

① 1月から3月はお墓を建てるのは避けた方がいいです。
② 雨が多い6月後半から7月前半も避けた方がいいです。
③ とにかく雨の日のお墓の施工は避けた方がいいです。
④ 非常に暑い酷暑期の7月後半から8月もダメではないですが、注意が必要。
⑤ 非常に気温が低い12月から2月も注意が必要です。

「これじゃあ、お墓建てる時、ないじゃあない!!」
怒ったおじさん2
と言われそうですが、
全部がだめ、というわけではないです。

じっくり見ていきましょう。

① 正月(1月)~2月末までは避けた方がいいでしょう。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q144~お墓を建てる時期はいつがいいの?

お墓を建てる時期は、いろいろな要素があって、なかなか難しいですね。
まず、一番大事なそのお墓に入る(入っている)人の都合を考えると、

① 納骨時
② 命日
③ お盆、お彼岸(春、秋)
④ お正月

などが考えられます。
それぞれ亡くなられた人のためを考えて一番都合がいい日、
ですね。

① 納骨時は、まず絶対に第一候補です。

お墓がないのなら、ご遺骨を納める場所がないのだから
その場所を作るために、お墓を建てるわけです。
「納骨に間に合わせて」というご要望、かなり多いですね。
建墓の半分以上はこの、納骨時でしょうね。
ただ、
満中陰が納骨の場合、期間が1か月少々しかないので、
難しい場合があります。
その場合、短納期で建てられるお墓にするか、
納骨を100カ日に伸ばすか、の対応が必要です。

お墓がある場合もそのお墓に名前を刻む、戒名の彫刻も
納骨時にお願いします、という場合が非常に多いです。

② 命日は、仏事的にはあまり意味がないのかもしれませんが、
その亡くなった人を知っている人にとっては意味のある日ですよね。
この日に建ててほしいという気持ちもわかります。
ちなみに
それぞれご先祖様の祥月命日の一年後に一周忌、
二年後の祥月命日が三回忌、
6年後が7回忌、
あと、それぞれ13回忌、27回忌、33回忌それぞれ命日です。
つまり、それぞれ年忌法要とは命日にするものです。
(たいがいはその何日か前にしますが。。。)

③ お盆、お彼岸(春、秋)は亡くなった人というより、
ご先祖様、以前に亡くなった人を考えて建てる場合ですね。
お盆は特に、亡くなった人がこの世に戻ってくる日だとされているので、
その日に合わせて、お墓を作るというのは理に適っていると思います。
お彼岸も仏教的に意味のある日なので、それでもいいと思います。
特に、
「秋のお彼岸」の中日(秋分の日)は「お墓参りの日」と
制定されています。

④ お正月は、年の区切りなので、良さそうに見えます。
ただ、1月はお墓工事を避ける月だといわれる人もいます。
そういう人はお正月前に建墓してもらう、ということを考えてはどうでしょう。
ちなみに、積雪の多い地方は難しいですね。
私の住む兵庫県北部は積雪がけっこうありますので、
正月にお墓参りする人はあまりいません。

では、実際に建墓する石材店が考える一番いい建墓の時期をお伝えしましょう。

こちらです→→→「お墓を建てる時期はいつがいいの?」②

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

「石屋ブログまとめ!」に登録していただきました。

こんにちは。但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
先日、お墓のこと、石屋さんのブログのまとめサイトに
登録していただきました。

振り袖姿の女性

感謝です。
同業者のブログを読むと
なかなか励みにもなりますし、
気づきもあります。

「石屋ブログまとめ!」
http://isiya.xyz/

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」