Monthly Archives: 2月 2016

DSC_0055

なくした人とつながる生き方

DSC_0055

大切にしていたものをなくしたこと、ないですか。

あれは、どこへ行ったんだろう。。。

どこでなくしてしまったんだろう。。。

そういう経験ないですか?

 

 

最近、葬送業界だけではなく、
徐々に一般的にも知られつつある言葉

【グリーフ】

この言葉の意味は、
「悲嘆、深い悲しみ」と訳されますが、
それだけではなくて、
もっと広い意味を持ちます。

誰かと死別した時、だけではなく、
パートナーと離婚した時、
引越しした時、
ペットが死んだとき、
大切なものをなくしたときなどにも
感じる、人が感じる感情全てをグリーフというらしいです。

なに、じゃあ
断捨離して、本とか古い書類とか、雑誌とかを
捨てたときに感じる感情も、グリーフ??(^_^;)

それはどうか、分かりませんが、
とにかく、
グリーフとは、ほぼすべての人が感じる、
感じている心の動きだということ。

しかも、心理的な影響だけでなく、
身体的な影響もあるとのこと。

睡眠とか、食事とかの障害
胃痛、腰痛、頭痛などもあるそうなのです。

あと、社会的影響もあり、
不登校、不登社(会社に行けない)
孤独感、過活動(働きすぎ)
など。

そう言った「グリーフ」を感じている人を
良く知り、よく理解し、よく聴き、
ネットワークでサポートしていこうと活動されている
一般社団法人「リヴオン」の代表理事の尾角光美(おかく てるみ)さんの
お話を聞いてきました。

12734252_971665172912935_3886601550036212783_n

ずいぶん小さいですが、一番前で聞いている後頭部が私です。。。(^_^;)

尾角さんは、とっても華奢な女性だったんですが、
その見かけとは裏腹に、
ゆるぎない存在感とすべてを受け入れてしまいそうな
包容力を感じました。
この若さでね。

まあ、セミナー中はいろいろ感じて、いろいろ思って
いろいろなことを考えましたが、
今年一番貴重な1時間半でありました。

私も、微力ではありますが、
尾角さんの運動に賛同したいと思っています。
本当に小さな事しかできませんが、
出来ることをできる範囲で始めようと思います。
そこからの第一歩を。

お墓を建てる、ということも
供養産業の一角ではあります。

そして、私たちのお客様は
誰か家族を亡くした人が大半だということは間違いなく、
仕事の過程でなかなか気づかないのですが、
多くの人が「グリーフ」を感じている可能性の高い
人だということ。
そのことを忘れないように、日々の
お仕事をしていきたいと、
改めて思います。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
zjiqlhlyvuyv0tjlx46u

Q196~お墓を建てる時に参考になるサイトは③~南印度洋行さん

zjiqlhlyvuyv0tjlx46u

このサイトを見ると、感じることがあります。

ひとつは、商売する気があるのかな。。。
(服部さん、ごめんm(__)m。でもいつもそう思います。。。)
ということ。
いや、トップページ、見てくださいよ。(上の写真をクリックしてみて。)
これってありえない。。。
こんなトップページ、ありえない!!

ありえないから、南印度洋行ですけどね。

もう一つ感じることは、

インドが好きなんだな。。。
で、
インドの石がほんとに好きなんだな。。。

このサイトは今、注目のインドの石のことを調べようと思ったら、
まず見なくてはならない、非常に重要なサイトです。
原石の丁場の画像、動画がふんだんにおいてあります。

しかも、いずれもインドに対する愛、
インドの石に対する愛に溢れた、ものばかり。

インドの石を売る商社さんなんですが、
インドのあらゆる情報が盛り込まれています。

そして、その印度好きの人達の集まった
南印度洋行さんのホームページは
インドの石でお墓を建てようと考える人は
一度は目を通すべき、素晴らしいサイトです。

「南印度洋行」
http://www.indoyoko.com/

 

(どうでもいいですが、このガネーシャ(象の神様)かっこよくないですか??)
全く、この記事に関係ないことなんですが、

私は個人的には、この南印度洋行さんのホームページ、
すごく好きなんです。

肩の力が抜けていて、
それでいて、インドの愛に溢れていて、
インドの石がどんなに素晴らしいかが
あちらこちらに感じられます。

「誰かに、何か大切なことを伝える」ということは
どういうことなのか??
「どうすれば、伝えることができるのか?」ということを
再確認させてくれる、このサイト、
見るたびに、元気をもらえる、
私にとっては全く違う意味で、大切なサイトです。

こういうサイトってあまりないんですよね。
有難いです。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

年に一度の研修会(その2)~名古屋の床は面白い

DSC_0203-2

さて、昨日の続きです。

但馬、豊岡の豊岡東霊苑の施工が得意な、おおきた石材店です。
なかなか、名古屋駅は石がふんだんに見れる場所です。

でも、

昨日、あれほど床張の石畳を紹介したので、
今日は、違う石だろうと、思っている人。。。

まだまだ、甘いですね。

それほど私はあっさりしておりません。
というか、
たかが、駅構内の板石の床の写真だけで
これだけ引っ張るヤツ、ほかには居ませんね。

今日も、石畳の紹介です。
さて、この石。。。か??

どうも石じゃないみたいです。

タイルか。。。

いや、タイルだ。。。

失礼しました。

でも、石に似ているな。。。
と近づいてみてみると。。。

DSC_0036

 

う、うん?

石、じゃあないの??

これは、石に見えるんだけどな。。。

DSC_0038

触って、分かりました。
タイルです。
石ではありません。
表面がつるっとしてます。

でも精巧に作ってあるな。。。

DSC_0044

昨日紹介した、錆色の黄色い石。
左側ね。真ん中は黒い石。
そして、右側は、
白系のみかげ石。
この石は、見たことあるけど、

 

DSC_0042

足助みかげ、ですかね。
地元、愛知の岡崎の石ですかね。
非常に目の粗い石なんですが、
色目が面白いですね。

そして、

その石の途中に微妙に違った色の石でボーダーのように
入っています。
上手いですね。

そして、次は、

DSC_0047

上の石、分かりますか??
横向きにボーダーで違う石が張ってあります。
色がいずれも白系なので、乾燥していると
あまり違いが分かりません。

でも、プロの目はごまかされませんよ。\(^▽^)/

これは、全然違う石です。
濡れたら(雨が降ったら)
全く違う顔を見せるでしょうね。

面白い事考えますね。。。

 

DSC_0049

そう言われれば、、、
と、気づくでしょう?
白系でも違う石です。
幅、長さ、など、全部違えて
縦向きに貼ってあります。

面白いですね。
石でどれだけ表情を作れるか。

センス次第、アイディア次第で
可能性は無限大です。

最後は、よくあるやつですが、
石でパターンを作っているもの。

DSC_0067

文字を作っているもの。
これは、好きだな。。。(^▽^)/

 

DSC_0065

多色の市松模様の様な、パターン。
これなんかも、センスが出てきます。
あと、経験ね。

DSC_0063

星マーク。
これはよく見ますね。
以前、流行ったのかな。
大都市の地下街には必ずありそうな、
模様、パターンです。

石でも、貼り方でいろいろな表情を出せるということですね。
その新しいパターンを日夜、寝ずに考えている人がいるんでしょうね。
プロのデザインですね。

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0045

年に一度の研修会(その1)

DSC_0203-2

 

おはようございます。
但馬、豊岡の豊岡東霊苑の施工が得意な大北です。

先日、スキルアップのための研修会に参加してきたんです。
私の所属している「一社 日本石材産業協会」が認定している
お墓ディレクターの1級取得者のみの勉強会。

なんと、太っ腹なことに、
非会員でもお墓ディレクター1級を持っていると、参加できるんです。

すげ~~
(と、言いながら10年くらい前、私も非会員の身分で射場会長のセミナーを聞いて
入会を決めたんですけどね。。。。(^_^;)

つうわけで、名古屋まで、いつもの通り、早朝にめっぽう強いので
朝、4時起きです。
(早すぎだろう。。。)

DSC_0001

(ちなみに、日本石材産業協会(石産協)の本部行事に参加するときは
基本スーツ&ネクタイをすることを自分だけで決めてます。
義務ではないです。)

DSC_0024

しん、しん、新幹線。
新幹線に乗るだけでウキウキしてしまう私は。。。
(子どもだ。。。)

いやでもウキウキしてしまうのは仕方ない。
本当に早いですよね。
のぞみ。
あっという間に名古屋。
京都から1時間かからないなんて、素晴らしい。

それで、名古屋です。
旅先では時間までいろいろ街の散策をして、
「石」を見るのが好きなんです。

田舎に行くと
(豊岡より田舎へはあまり行きませんが。。。)
お墓、お墓、お墓、お墓。。。
とにかく、時間があれば、お墓を見に行くのが
旅行の醍醐味ですが、
(普通の人は全然醍醐味だとは思えないでしょうが。。。)

都会に行くと、お墓はあまりありません。
(お寺は別ですけどね。)
なので、次善の策として(笑)
石造物を見て歩く、
それも国宝とか天然記念物とかではなく、
ごくありふれた、だれも見向きもしない石がいいな。。。

今回のテーマは
「名古屋駅周辺の床の石畳を見て歩く」
に決定。

ちょうど、研修会会場とホテルが駅を挟んで
反対側にあったので、その下見を兼ねて
駅周辺を歩き回りました。

DSC_0026

DSC_0029

駅構内の石。
ちょっと黄色みがかった、
錆色?っぽい石でした。
みかげ石(花崗岩)でした。

あ、ちなみに、床に貼ってある石は
ほぼみかげ石です。
耐久性があるので。

名古屋駅はかなり広いんですが、
ほとんど私が歩いた限りは石畳でした。
ふんだんに石が使われいているという感じですね。
でも、地元の石はどうなんでしょうか。
(この錆色の石は、地元の石なんでしょうか。。。)
ほとんどが外国の石(多くは中国)のように見えました。

DSC_0032

 

DSC_0030

こちらは、同じく駅構内ですが、
先ほどの錆色の石のエリアよりやや新しいのかな??
白い石は「G623」という中国のみかげ石なのかな。
赤い石はたぶん、インドの「ニューインペリアルレッド」
(あ、もしかしたら、「ニュー」ではないのかも。)

中国とインド産の石。しかもどちらも歴史ある石なので、
ごく普通に全国で使われている石ですね。

DSC_0035

 

DSC_0033

さて、こちらは、駅の構内ではなく、駅の周囲、アプローチの部分。
雨が降ったら濡れる可能性が高いので、滑り止め加工されています。

よく見ると、手前(写真の下の方)は、黄色くまたは錆色に色が付きつつあるように見えます。
奥(写真の上の部分)は、白い部分が多いですね。
たぶんですが、白い方がもともとの色ではないでしょうか。
いろいろな影響で、色が付いて
手前の方が、黄色いような変色が見れます。

石はどうなんでしょうか。
地元の石でしょうか。それとも中国かな。。。
この感じ、古さから見て
「韓国の石」の可能性もありますね。
韓国の石もこのような色に変色しやすい石が一部、あります。

しかも、表面が滑り止め加工されているので、
余計影響を受けやすいんです。
わざと表面をガタガタに加工してあるんですから。

(石は、特にみかげ石は表面がツルツルの方が環境からの影響を受けにくいと
言われています。
滑り止め加工などの特殊加工すると、滑りにくくなる半面、汚れなどの影響を受けやすくなります)

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q195~お墓を建てる時のお役立ちサイトは?②

宮崎さんをご紹介したら、次はこちらでしょう。。。

「高庵寺、ご住職のブログ」です。
こちらも、ずいぶん古くからのお付き合いです。
(といっても、数年前ですが。。。)
いくつか、メールでやり取りさせてもらって、
いくつかの記事も引用していただきました。
私のブログを好意的に扱っていただいています。
本当にありがたいです。

ただ、その中身は。。。
非常に、リアルです。。。
まあ、とにかく、読んでみてください。

あの宮崎さんでさえ、
「あそこまでは、とても書けない」っとおっしゃるほど
すごい内容です。
しかも、
すごく勉強されていて、私たちお墓のプロでさえ、
「え!!そうなの!!」と思ってしまう、
深い内容です。

また、お墓以外でも仏事のことや、葬儀のことなど、
ご自分の専門というか、本業のことも
同じスタンスで書かれているので、
素人ながら、
他人ながら、

「ご住職。。。そこまで書いて、
そこまで言って、

だ、大丈夫なんですか。。。(汗)」


本当に心配してしまうほど、
(私が心配すること自体、おかしいんですけどね。。。(^_^;)

それほど、圧倒的な、内容なんです。

これ以上は、どんなことを書いてもムダなので
これくらいにしておきます。

最後に、私のブログを引用頂いた記事のみ、上げさせていただきます。

ありがとうございます。

 

〇  「リンク集」

〇 「石の加工に関しての記事」

〇 「石の研磨作業に関する記事」

〇 「老眼が始まっている、という記事」そうだったんだ。。。早く気づけよ(^_^;)

〇 「私のブログをご紹介頂いている記事」

 「私の加工がすごいかのように書かれている記事」(実は全然すごくありません。。。(^_^;)

〇 「お墓の撤去の記事」

〇 「お墓の現場によって費用は変わる」の記事

〇 「お墓の引っ越し記事」

 

など、かなり引用していただいていますね。
いや、むしろ私より私のブログを読み込まれているような。。。
(書きっぱなしで忘れてた記事がけっこう。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

「サイトマップ」

のページも引用させていただきます。
初めての方はこちらから、探してご自分の興味ある部分を読まれたらいいと思います。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

これは、私にとって諸刃の剣かも。。。

白兎海岸ってご存知ですか?

因幡の白兎がひどい目にあったことで有名な
あの海岸です。(^_^;)

DSC_0017

たしか、助けてくれたのは、大国主の命だったかな。
出雲に近いので、神話の世界が色濃く残っているのかもしれないな。。。
そんな感傷に浸る間もなく、
帰って来ました。
日帰り鳥取旅行というか、仕事です。

禁断の「墓相墓」シリーズがやっと終わったと思ったら、
次は、
私のブログにとって、諸刃の剣のような
危うさを漂う特集。。。

お墓つくりに参考になるサイト(ブログ)のご紹介です。
「お墓つくりの参考になるサイト」
http://ohkita-sekizai.com/?p=13549

第一回は、なんとこの方のご紹介。。。
アメブロでは押しも押されもしない「お墓情報サイト」となります。
富山の宮崎さんのブログです。

いきなり宮崎さんから入るか。。。
と、私も思いましたが、いやいや、一番付き合いは長いし、
実際にお会いしたこともあるし、ということで
第一弾としてご紹介。

この特集もある程度、続きますよ。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q194~お墓を建てる時のお役立ちサイトは?①

いくつか、非常に参考になるサイトがあります。

まずは、こちらをご紹介しないと、ダメでしょう。

石材業界の皆様には、辛口すぎて、おすすめする方はほとんどいませんが、
実際、お墓を建てようと考える方には非常に参考になる記事が満載の

お墓の営業マン、宮崎さんのブログ、
「お墓の値段はいくら?富山のお墓の営業マン、宮崎が正しいお墓の建て方を教えます」
(良いお墓研究所・富山)です。

私自身も耳の痛い記事が多いですし、
非常に辛口です。。。(^_^;)
なので、必然的に石材業界では、

(評判がよろしくありません。。。(^_^;)

ということは

つまり

消費者目線というか、
お墓を建ててもらう側からの目線で書かれているということですよね。

実は、私はけっこう以前から交流がありまして、
私のアメブロのブログでも相互リンクしていただいていて、
いろいろご相談したり、紹介していただいたり、
実際にお会いして、お話しをしたこともあるんです。

そういう意味では、身を挺して、
消費者目線の記事を書き続ける孤高の戦士、
という感じですね。

ホントにそこまで書いていいの??
ということまで書かれますので、
私もいつもその勇気に感銘を受けております。

お墓の見積診断とかもされているらしいです。
お墓建てようと考える方には、まず一番信頼できるサイトではないでしょうか。

特に、北陸、富山の方は、要チェックですよ。

「富山のお墓の営業マン、宮崎さんのブログ」です。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

「お客様の声」を更新しました。

先日、建てましたKさんから「お客様の声」が帰って来ました。
ありがとうございました。

DSC_0076

「11 豊岡市 女性 Kさん」

http://ohkita-sekizai.com/?p=13538

いろいろとお世話になりました。
これからもよろしくお願いします。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

あなたでもできます。灯ろうのてっぺんの石の止め方。

昨日、鳥取県のあるところまで行ってきました。
約80キロ、1時間半の道のりです。
どうやら今日か、明日も行ってこなくてはいけないようです。。。
何か楽しみを見つけなければ。。。

今週は移動ばかりの一週間となりそうです。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

日本海側の私の住む地域は「山陰地方」と言います。
山陰地方は、海、山ともに豊かです。

特に日本海の見えるあたりはなかなかの絶景です。
ぜひ、カニとともに日本海を見に来てくださいね。

って、

あまり関係ないですが、

あるお客様からのご連絡。

 

「お墓の灯ろうの頭の丸いやつが取れちゃったんですが。。。」

はい、わかりました。

良く取れてしまうんですよね。

DSC_0050
後ろ側。
セメントで止めてありました。
セメント(正確にはセメントと水を練ったもの)、ノロとも呼びますね。
これで丸灯ろうを固定してある場合、
よっぽど運が良くない限り、
取れてしまいます。
(^_^;)

つまり、取れてしまうのが、普通なんです。

 

face_ojiisan_angry

(ど、どういうことだ!!!と怒られそうですが。。。)

セメントのみで固定してはいけません。
じゃあ何でやるか??

やってみますね。

素人の方でもできます。
全部、ホームセンターで売ってますから。

(ほかにもいくつか接着の仕方がありますが、
誰でもできることがポイントなので、
この方法をご紹介します)

まず、今、へばりついているセメントの残りをきれいに掃除します。

DSC_0054

笠の側も残っていることがありますから、
きれいに掃除してください。
先のとがったもの、硬いもので叩くようにすれば
はがれます。
ただ、必要ない場所まで叩かないように。

(この作業をしないで出来たと思っても、とすぐに取れてしまいます。)

掃除出来たら、接着するものを用意。

セメント、セメント用接着剤(モルタル接着剤)、セメントを練るコテ(なければ割りばしでも可)
これを練るための容器(茶碗とか、何でもいいですよ。)

セメントを適量とセメント接着剤を混ぜます。

DSC_0055

写真は練っている途中。
まだ白い接着剤が見えますし、セメントも粉っぽいですね。
もう少ししっかり練ってください。
粘りのあるセメントになったら、石に塗って、取れた擬宝珠(といいます)
を乗せます。

こんな感じ。

DSC_0059
このように、多少はみ出してくるくらいに付けます。

その後、はみ出したセメントをふき取ります。

DSC_0063

はい、出来上がりです。
これで、固まれば、おそらくそう簡単には取れないと思います。

でも、絶対取れないわけではないですね。
強い衝撃とか、
灯ろう自体が倒れたり、
した場合、取れるかもしれません。

どうしても取れない状態にしたい場合、
石材専用接着剤(エポキシ系)で固定します。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

この方にご紹介頂けました。ありがとうございます。

こんにちは。日曜日ですが、一日仕事してました。

鳥取県のある場所まで、現場の下見に行ってきました。
いや~、鳥取は遠いな。。。(^_^;)

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

久しぶりに鳥取県まで行ってきました。
最初は、浜坂(兵庫県西部の鳥取県の県境の町)の下見だと思ってたんですが、
半分、拉致状態で。。。(冗談です。。。(^_^;)
鳥取県の東部の町まで連れていかれました。
鳥取は遠いね。。。
しかも、写真もなしだ。。。(^_^;)

629374

仕方ないので、鬼太郎でも。。。
(鳥取は島根の右側です!って鳥取が分からない人は島根も分からないのでは。。。(^_^;)

。。。

。。。

まあ、それが本題ではなく、

実は、兵庫県を、いや、石材業界を見渡しても
最高の顧客満足度とハイクオリティなお墓を建てられる
「第一石材」の能島さんにブログ記事でご紹介頂いたんです。

業界最高の情報量を誇る能島さんのマイベストプロの記事

「お墓の情報収集に役立つお勧めサイト」

http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/55531/

で、紹介していただいたんです。
光栄です。
私の尊敬する方でもあり、
目標とする方でもあります。

しかもその内容は、
業界でも抜きん出た情報を誇る3つのサイトと一緒に紹介していただきました。

〇 富山のお墓の営業マン、宮崎さんのブログ

〇 rolling stone~手作り墓石の石屋さん

〇 高庵寺・ご住職のブログ

いずれも、業界内では他の追随を許さない内容の濃い記事を書かれているブログの中で
私のブログも取り上げられてただいて、本当にうれしいです。

今後とも、精進して、記事を書いていきたいと考えています。

本当にありがとうございました。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0800_000784_m

「墓相墓」シリーズのまとめ

a0800_000784_m

墓相墓のシリーズ、終わりました。

ずいぶん長く書いてしましましたが、
どうでしょうか。
「墓相」という考えのお墓、少しはわかったでしょうか?

最初、墓相のお墓って、私はあまり関心がなかったです。
なんだか、変なお墓だなってずっと思っていました。
でも、ことあるごとに、接する機会があったり、
本で読んだりしてみるうちに
あることに気づいたんです。

このお墓は、ある目的のために、非常に細かく計算された
お墓だなって。

それはどういうことかというと、

「石材店(お墓を建てる人)にとって、建てやすいお墓」

ということです。

そして、お墓の持ち主である施主さんにとっても
「良いお墓」でもあるんです。
分かりやすいお墓、
建てやすいお墓、
石をあまり使わないお墓(量が少ないという意味)

いいことづくめのように見えますが、
一つだけ、欠点があります。

「けっこう高いお墓」だということ。

実際、うちのお墓は墓相墓に似て非なる、
「なんちゃって墓相墓」ですし、
正式な墓相墓を建てたこともありません。
なので、いくらくらいするのかは分からないのですが、
噂によると、かなり高価なお墓らしいです。

これをクリアできれば、すごくいいお墓なんですけどね。。。

そのあたり、4月に行います「まちゼミ」でもお話ししたいと思います。
お時間があれば、
ご興味があれば、
ご参加ください。

このブログにて、案内いたします。

◇・・・「墓相墓」の疑問記事まとめ・・・◇

①・・・墓相墓って何?
②・・・墓相墓の仕組みって?
③・・・墓相墓の疑問① いっぱいになったら?
④・・・墓相墓の疑問② 形は決まっているの?
⑤・・・墓相墓の疑問③ 地震が来たら?
⑥・・・墓相墓の疑問④ 供養塔がいっぱいになったら?
⑦・・・墓相墓の疑問⑤ 狭い墓所の場合は?
⑧・・・墓相墓の疑問⑥ どこに埋葬?
⑨・・・墓相墓の疑問⑦ ご先祖のお墓がたくさんあると?
⑩・・・墓相墓の疑問⑧ どうして小さいの?
⑪・・・墓相墓の疑問⑨ どこの石でもいいの?
⑫・・・墓相墓の疑問⑩ 浄土真宗では?

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓じまいについて考える。

「お墓じまい」する方、相変わらず多いです。
確かにそうなんですが、
以前から、ちょっと違和感を感じてたんですが、
それを書いた記事が見つかりました。

(自分で書いたのに、忘れるなよ。。。(^_^;)

私の感じる「お墓じまい」の違和感です。
それでも、
お仕事させてもらえることには、日々感謝しております。

「お墓じまい」について考える

でも時々こういうことを考えてしまいます。
人はひとりではなく、
いろいろなところに繋がっているってことです。

繋がっているということは、
こっちから勝手に切ってしまっては
いけないんじゃないだろうか?
ってことです。
相手があって、つながっているわけですから。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q193~墓相墓の疑問⑩ 浄土真宗では?

浄土真宗では基本、五輪塔は建てません。
種子(?)も刻みません。

ですが、墓相墓はどうでしょうか??

本来なら、やや大きめの仏塔
(南無阿弥陀佛と刻んだ石塔)を建てて
その横に夫婦墓を建てるのが、いいんでしょうが、
戒名塔(戒名を刻んだ石塔。この場合は法名塔というのでしょうが、
そういうものはないので、戒名塔と呼びます)も建てないのが
浄土真宗です。

仏塔のみで、そのほかはすべて必要ないのが、
浄土真宗のはずです。

ですが、それでは、

墓相のお墓なのか、
それとも普通の小さなお墓なのか、
区別がつかないので、
浄土真宗でも五輪塔と戒名塔の普通の墓相墓を建てる人が多いように思います。

まとめとして、

「浄土真宗と墓相墓はなじまない」

 

のが、結論となります。

門徒の方は墓相墓は建てない方がいいんではないでしょうか?

(お墓の形のみではなく、その他、いろいろな部分で
浄土真宗と墓相のお墓はなじまないことが多くあります。
出来れば普通の仏塔墓をたてられることを
お勧めします。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q192~墓相墓の疑問⑨ 石は何でもいいの?

墓相のお墓は、日本の石と決まってます。
特に多いのが、
「北木石」

墓相墓の半分以上はこの石ではないでしょうか。
他にも、大島石とか庵治石とか瀬戸内エリアの石が多いですね。
外国の石はいいのか?
ダメでしょうね。
しっかりとした墓相墓なら。

でも、

なんちゃって墓相がたくさん横行しておりますので、
そちらには韓国の石、中国の石、インドの石などが
あります。

おそらく、なんちゃって「墓相墓」なんでしょうが。。。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q191~墓相墓の疑問⑧ どうして小さいの?

どうしてなんでしょうね。

〇・・・やっぱりたくさんのお墓を建てたいから、スペース的に小さい方が有利だから。

〇・・・小さな方が建てやすいから。石屋さんの都合だけではなく、建てやすいと施工費用も
安くで済みますよね。

〇・・・以前も書きましたが、小さいと地震で倒れても素人でも直せます。
通常の巨大なお墓は、倒れてしまったら、プロの石材店でも
クレーンがないと、手が出せません。

〇・・・墓相学的にも小さな方がいいのかもしれません。
何より、あのサイズには何か理由があるのかもしれませんが。

などが考えられますね。
他にも理由があるのかも。。。

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q190~墓相墓の疑問⑦ 先祖のお墓がいっぱいあるときは?

あんまり見かけないんですが、以前からある古いお墓がたくさんあるお墓から
墓相墓にリフォームする場合。

通常のお墓の場合、寄墓っていうのをするんです。

DSC_0005-2

このように、古いお墓を一カ所に固めて、お祀りする、というもの。

墓相墓でもそのようにするそうです。

ご先祖のお墓

なんだか「両墓制」ところで書いた埋め墓に似てますね。
ご先祖のお墓とお骨を納める場所とがあるお墓もあるのかな。
(よくわかりませんが。)

とにかく、先祖崇拝から始まっている墓相墓だと思うので、
古くてもお墓をなくす、ということはしないと思いますね。

 
※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

今日は出張。。。

今日は、朝一番で小学校の読み聞かせ。
4年生は鬼門かもしれないな。。。(^_^;)
ちなみに、来月も4年生です。

DSC_0007[1]

この本読みました。
いや、いい本なんですよ。でも、
ちょっと長かったかな。。。(^_^;)
来月も新しい本、探さなければ。。。

その後、兵庫県の真ん中、山南町という場所まで、
ちょっと野暮用で行ってきました。

今、帰ってきて、やっぱり豊岡はまだ雪がありますね。
山南町は、というより
豊岡市より南は雪なんてないよね。。。(^_^;)

DSC_0025

DSC_0028

DSC_0031

今日もいい日でした。
いろいろ話ができて、
いろいろ話が聞けて、
お土産も頂いて、
感謝です。

今日のまとめ、

石材業界は今、冬というより真冬の時代のようです。
それでも、しっかりお仕事させてもらって、
心より感謝です。

明日もいい日だろうな。。。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

看板用に玄武岩を磨いてみました。

玄武岩の大きめのやつを磨いてみました。
表札よりも看板用に使える大きめのやつです。

DSC_0004

色はやや薄手。
でも、こっちの方が玄武岩らしいかな?

DSC_0003

サイズは、横幅は45センチ。

DSC_0011

縦は33センチくらい。

DSC_0014

厚みは約4センチです。

DSC_0020

看板や表札には一番合う厚みですね。
あまり厚いと重たくて施工不良となりますし、
薄いとせっかくの玄武岩の質感を失います。

DSC_0022

大きさはイメージとして、これくらい。

DSC_0028

けっこう大きいサイズですよね。
これより大きいサイズは単品製作となります。

DSC_0033

10枚くらいはできると思います。

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q189~墓相墓の疑問⑥ どこに埋葬?

さてさて、大きな問題です。

以前書きましたが、墓相のお墓は移動します。

移動するというのは、50年経過して、上げ法事して、
供養塔に合祀したら、そのもともとのお墓を供養して
新しく建てるお墓のスペースを作ります。
(→Q184 墓相墓の疑問① いっぱいになったら

そうなったとき、お骨も一緒に移動する?
当然、するはずですよね。
お父さんの遺骨の上にその息子のお墓の石が。。。
ってのは、どう考えてもおかしい。
一緒に、というのは絶対です。

でも、壺から出して、しかも50年経過していて。。。
もう残ってない可能性があります。
では、どうしたらいいの???
ということです。
土ごと?移動?どれだけ?分からない?
となってしまいます。

そこで、です。
日本の本来の葬送の形の一つ。
「両墓制」というのがあります。
(「両墓制」って何?という方はこちらから。。。)
つまり、埋め墓と参り墓を分けるのです。

埋め墓①

このように、お墓の隣に遺骨を埋めるためのスペースを用意する。
こちらはある程度広いお墓の場合です。
あるいは、

埋め墓②

こちらも墓相墓であるパターンです。
このように埋める場所を決めておけば、いいのかもしれません。
ちなみに、こちらは狭めのお墓の場合です。

墓相のお墓は基本的に外でお参りするお墓なので、

DSC_0153

このように、墓域の外からお参りするスタイルです。
(花立、香立、ロウソク立が外にあります)

上の写真の場合、左の手前のスペースに埋葬されています。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

雪の中、展示会です。

いつもお世話になっている朝倉商事さんの展示会に参加してきました。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

DSC_0001

お墓を建てるには、石が欠かせません。
でも、多くの石屋さんは石は採掘してません。
ならどうするか。

誰かに採掘してもらう。
場合によっては、加工してもらう。

採掘からできる石屋さんは全国でごくわずかです。
ほとんどの石屋さんは、採掘、加工の一部、あるいは全部、
場合によっては施工の一部、全部を誰かにしてもらっています。

そういう、手の届かない部分をサポートしてくれるのが、商社さん。
痒い所に手が届くのが、石材商社さんです。

私もいくつかの石材商社さんとお付き合いしておりますが、
一番お世話になっているのが、この朝倉商事さんです。

朝倉商事さんのホームページ

 

2月17日、18日と石材業者さん限定の展示会を開催されて言います。
お時間ある石材店さんはどうぞ。
場所はこちらです。

 

    友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~   問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~    
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」