Q174~地震に強いお墓の建て方は?②~基礎が大事


【基礎が大事】

これに尽きます。
これをおろそかにして、地震に強いお墓を作ろうなんて
無理です。

〇基礎はコンクリートで。
〇厚みは10cm以上
〇必ず鉄筋の入ったもので
〇冬季、夏季の施工はしっかりと養生する

 

最低限、これはしないと地震に強いお墓とは言えないと思います。

基礎がコンクリートではないお墓は、但馬地域ではまだある程度あります。
山の上のお墓の場合、生コンクリートというわけには行かないこともあります。
ミキサーでの手練りでも仕方ないですが、コンクリートは絶対ですね。

それから10cm~15㎝程度は厚みがないと強度が保てません。
お墓の広さもありますが、それくらいの厚みで。

無筋のコンクリートはしないよりまし、程度です。
どうせ同じ手間なのですから、しっかりと鉄筋はいれましょう。

冬と夏はコンクリートに強度が出るまでに
対処しなくてはならないことがあります。
それを省くと取り返しのつかないこともあります。

この条件は最低限のお墓です。
例えば、50年、100年お墓を維持しようと思えば、
さらにもう一つ上のクラスの品質の基礎をしなくてはなりません。

地震に強いお墓の第一歩は、基礎です。
しかも一番大事な部分です。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。