Q186~墓相墓の疑問③ 地震が来たら?


倒れるかもしれませんね。

DSC_0176

もともと耐震、免震という考え自体のない時代に考えられたお墓です。
そういう発想はありません。

では、お手上げかと言ったら、そうでもないわけです。

基礎がない、ということは傾いてしまう可能性も高いかもしれない、ですね。
免震施工が特にされてないということは、当然倒れる、と言えますね。(可能性として)

でも、このお墓に強みもあります。

地震の影響は大きなお墓ほど受けやすい

ということです。
なので、今の大きなお墓には、耐震施工が必要なのです。
でも、このお墓は小さいです。
しかも、上に行くほど、小さくなってます。
それが最大のメリットなのです。

前の疑問(Q185)で書いた「大入とホゾ」での加工は、地震の横揺れでは倒れません。
上下の揺れがないとおそらく倒れません。
(加工の精度によっては倒れてしまうこともありますが。)

全体の石の量が小さいのと、「大入れとホゾ」加工によって、
かなり地震に強いお墓になっているんです。

 

名称未設定
ちょっと汚い図ですが、
青の部分(ホゾ加工)と赤の部分(大入加工)で
通常の石を乗せただけより、はるかに強固な施工となっています。

どうでしょうか。
通常の耐震よりも強いかどうかは地盤の状態にも大きく作用しますが、
普通よりはるかに強い施工のお墓となっています。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。