なくした人とつながる生き方


DSC_0055

大切にしていたものをなくしたこと、ないですか。

あれは、どこへ行ったんだろう。。。

どこでなくしてしまったんだろう。。。

そういう経験ないですか?

 

 

最近、葬送業界だけではなく、
徐々に一般的にも知られつつある言葉

【グリーフ】

この言葉の意味は、
「悲嘆、深い悲しみ」と訳されますが、
それだけではなくて、
もっと広い意味を持ちます。

誰かと死別した時、だけではなく、
パートナーと離婚した時、
引越しした時、
ペットが死んだとき、
大切なものをなくしたときなどにも
感じる、人が感じる感情全てをグリーフというらしいです。

なに、じゃあ
断捨離して、本とか古い書類とか、雑誌とかを
捨てたときに感じる感情も、グリーフ??(^_^;)

それはどうか、分かりませんが、
とにかく、
グリーフとは、ほぼすべての人が感じる、
感じている心の動きだということ。

しかも、心理的な影響だけでなく、
身体的な影響もあるとのこと。

睡眠とか、食事とかの障害
胃痛、腰痛、頭痛などもあるそうなのです。

あと、社会的影響もあり、
不登校、不登社(会社に行けない)
孤独感、過活動(働きすぎ)
など。

そう言った「グリーフ」を感じている人を
良く知り、よく理解し、よく聴き、
ネットワークでサポートしていこうと活動されている
一般社団法人「リヴオン」の代表理事の尾角光美(おかく てるみ)さんの
お話を聞いてきました。

12734252_971665172912935_3886601550036212783_n

ずいぶん小さいですが、一番前で聞いている後頭部が私です。。。(^_^;)

尾角さんは、とっても華奢な女性だったんですが、
その見かけとは裏腹に、
ゆるぎない存在感とすべてを受け入れてしまいそうな
包容力を感じました。
この若さでね。

まあ、セミナー中はいろいろ感じて、いろいろ思って
いろいろなことを考えましたが、
今年一番貴重な1時間半でありました。

私も、微力ではありますが、
尾角さんの運動に賛同したいと思っています。
本当に小さな事しかできませんが、
出来ることをできる範囲で始めようと思います。
そこからの第一歩を。

お墓を建てる、ということも
供養産業の一角ではあります。

そして、私たちのお客様は
誰か家族を亡くした人が大半だということは間違いなく、
仕事の過程でなかなか気づかないのですが、
多くの人が「グリーフ」を感じている可能性の高い
人だということ。
そのことを忘れないように、日々の
お仕事をしていきたいと、
改めて思います。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。