さよなら、石屋の楽園!!


DSC_0203-2

今日は、息子の中学卒業式。
義務教育も今日で終わり。
頑張って高校へ行ってほしいですね。

但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。
やっと2人目が高校へ行ってくれる年になりました。
頑張ってとうちゃん、働かねば。。。
お墓のことなら、ご相談ください。

とりあえず、お問い合わせフォームを。。。(^_^;)

ところで、
楽しかった岡崎のワクワクツアーも
いよいよ最後となりました。

鳥居、ご存知ですか?
鳥居専門の石屋さんが、なんとあるんです。岡崎に。

(有)丸吉吉田石材

DSC_0276

ちょっと歴史を感じる入り口ですが、
中には見たこともないような、専用石材加工の機械が。。。

DSC_0279

鳥居の笠部分。
かなり出来上がっております。

 

DSC_0282

見事です。

DSC_0284

こっちが柱。
鳥居を加工しようと思ったとき、一番大変なのは、
この柱だと思います。
この長いものを円柱に加工するのは、
かなり至難の業。

 

DSC_0287

そして、出来上がりの見本がここに。。。
豪華な鳥居が。。。

全国どこでも加工から施工までしていただけるようです。
鳥居は神様のくぐるものですから、
ぜひ、日本人の手で、日本の石で作りたいものですね。

そして、

もう一軒、彫刻石材店。
「石彫の戸松」さん。

DSC_0290

職人さんが加工していました。
お地蔵さま作成中。

DSC_0292

なかなかの力作です。
(写真撮影が下手ですいません。)

 

DSC_0294

やや大きめのものも作成中でした。
蓮の台が出来上がっていたので、
おそらく観音様ではないかな。。。

最初はやっぱり、真四角の石から作り出すんですね。

 

DSC_0302

岡崎一の有名人の石像も。

 

DSC_0303

沢山の彫刻品が並んでいました。

これ以外にも
いろいろなところを見学させてもらいました。

この談笑している茶色の方の某龍石材の社長と
こだわりの石材店さんとの
「加工品質バトル勃発事件」とか、

DSC_0080-2

お伝えしたいエピソードがいっぱいなのですが、
紙面の都合上、これまでとさせていただきます。
(どこの紙面だ。(^_^;)

まあ、とにかく、
いろいろあった、岡崎、石屋の楽園ツアー
ホントに楽しかったです。

最後に、
初めて田中雅万さんともお会いできました。
ありがとうございました。

田中生万石材店

参加者全員で、記念写真\(^▽^)/

12744320_971665259579593_3750977558996772547_n-2

来年も楽しみだな~~
1級ディレクター研修会。

あ、忘れてた。
ここには、こちらも。
某日本石材工業新聞の社屋も。
初めて拝見。

DSC_0305

お世話になった皆さん、ありがとうございました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。