値上げ、させて頂きます。よろしくお願いします。


現在、価格の見直しを実施しております。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
豊岡市内の各御寺院のお墓も建てます。
良ければ、ご相談下さい。

価格を上げるのは、非常に心苦しいのですが、
この価格では、はっきり言って、事業を継続し続けることが
難しいこともわかってきました。

いろいろな方にご相談した結果、
一部の価格の値上げをさせて頂くことにしました。

 

まず、「お墓の戒名(法名)追加彫刻」の価格を改正
させていただくことにしました。

現在、

戒名(法名)彫刻基本料金 1名様  40,000円(税別) 
させて頂いている工事を 45,000円(税別) とさせていただきます。

そして、

追加で彫刻する場合、
(一度の工事で2名様以上彫刻する場合、2名様以降の追加料金)を、
今まで、 10,000円(税別) にて彫刻していたものを
今後、15,000円(税別) にて彫刻させていただくこととしました。

なお、

この価格は、新規のお客様のみです。
おおきた石材店でお墓を建てさせていただいたお墓については
今まで通り 35,000円(税別) にて工事させていただきます。
追加料金に致しましては、新規のお客様と同様に
追加おひとりについて、 15,000円(税別) とさせていただきます。

※ 追記
2016年(平成28年)10月1日より、おおきた石材店の顧客様
(おおきた石材店にて墓石を建立された方)も値上げを実施させていただきます。
従来 35,000円(税別)から40,000円(税別)に価格改定させていただきます。
諸事情により、このように改定させていただきます。

よろしくお願いします。
なお、二人目の追加料金に関しては、お一人様につき、15,000円(税別)、従来通りと
させて頂きます。
(2016年10月1日、記)

 

なお、この価格改定は平成28年4月1日より実施とさせていただきます。

お墓に文字を彫刻「45000円」(税別)

振り袖姿の女性

もちろん、値段だけ上げて、中身は同じじゃあ、ダメなサービスになってしまいます。
ので、
工事内容も変えます。

○ 「納骨口周りの清掃作業」 を標準施工させていただきます。

 

なので、「文字彫刻作業」+「納骨口周りの清掃作業」で45,000円(税別)
だと考えていただければいいと思います。

 

 

追伸

実は最終的には、50,000円(税別)、追加料金15,000円(税別)で行きたいのですが、
いきなりこれだけの値上げはさすがに。。。と思ったので、
当分、この価格で行きたいと思っております。
内容的には、私自身の文字カット、彫刻、施工をやっておりますし、
外注は文字の揮毫のみ。
しかもその文字も手書きをお願いしています。
ので、どうしても価格が高くなってしまいます。
でも、お墓に文字を刻むという行為は、
安ければいい、
彫れればいい、
というものではないと思うのです。

お墓に文字を刻むというのは、ある意味、
お墓にその方の生きていた証を刻むと同義だと考えます。
なので、この部分はこだわっていきたいし、
どうしても価格が高くなってしまいますが、
その点はご理解いただければ、有難いと思っております。
よろしくお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。