庵治石は充分にある


「庵治石。。。ああ、以前採れてた石ですが、
今はもう採掘してませんね。」

「日本の石は、いろいろ問題があって、
お墓の石を取ってるところ、ほとんどないと思いますよ」

そんな声をどこかで聞きました。

全く素人のような人が、素人にお墓の石を売っている図。

そのような、嘘の塊(かたまり)に異議を静かに唱える文章に出会いました。

庵治石の価値、という正面から特集を組まれた月刊石材3月号

DSC_0001

※ 月刊石材購読のお申し込みはこちらへ→→「いしぶみ」
その、巻頭特集の最初の記事が
「庵治石は充分にある」という文章。
庵治石の採掘される丁場(採掘場)は4つあるのですが、
その中で一番大きく古い大丁場の第17代目の地主である
㈱オオクボエンタープライズの代表取締役の大久保一彦さんの文章。

DSC_0003

その文章は、決して過激ではなく、静かに、それでも断固として
庵治石はまだまだたくさんあるし、たくさん採掘できます、という
意思表示でした。

庵治石は採掘しにくい石で、100採掘したうち、庵治石のお墓になるのは
たった3でしかない。
このように供給量がすくないので、全国に万遍なく流通できるわけではく、
長く、継続して、庵治石を使ってくれる石材店に優先的に供給するのは、
しかたない、のではないでしょうか?

でも、それを逆手にとって、
「庵治石はもう採れないですよ」
無知であっても、言ってしまうのは、
「あの石材店はもうつぶれて、ないですよ」
と言われるのと同じではないのか、

 

そして、

「庵治石はもうない」と断言してしまうような店、人から
お墓を買うべきではない。
「国産最高級」と呼ばれる庵治石が今、採れているか、採れていないか
を把握できていないようなところを信用できますか?」
全く、そうだと思いませんか?

庵治石は、今日もしっかりと、採掘されています。
明日も、明後日も、採掘され続けます。

少なくとも、私たちが年老いて、この世に別れを告げても
毎日、毎日、次の若い世代が採掘され続ける石です。

まだまだ他にもたくさん、庵治石の情熱と矜持をたくさん含んだ
いい文章でした。

庵治石、たくさんの職人と石材店とのチームワークによって
作られ続ける日本、いや世界最高のお墓ですね。

他にも
沢山の石が日本の各地で採掘されています。
あなたの近くでも、いい石が採れているかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。