Q214~お墓ディレクターって何?


一般社団法人 日本石材産業協会が実施する
「お墓のプロの証(あかし)」です。

その内容は石材産業の健全な発展と更なる向上を図るとともに、石文化の創造に努め、
もって社会に貢献することを目的とするもの。

とうたってありますが、
お墓に関するあらゆる知識、土木施工、石材加工、から仏事全般、供養全般、歴史、などの
知識を問う資格試験です。
検定用テキスト「お墓の教科書」から出題され、マークシート方式と筆記問題の併用試験です。

o0720128013127759369

2級と1級があり、
2級は合格率はおおむね高く、8~9割だと思われます。
全問マークシート方式です。
1級は合格率がずいぶん低く、20~30%程度の合格率だと言われています。
2016年に実施された1級試験は30%台の合格率だったと言われています。

現在、兵庫県では、43人の1級取得者があり、2級は204人の取得者がいます。
(平成26年1月現在)

但馬では、1級は私を含めて2名しかいません。
(もう一人は石材業界以外の方です)
(平成26年1月現在)

平成26年の検定試験の試験管補佐として
試験監督させて頂いたんですが、但馬からも数名受験されておりました。

ちなみに、この「お墓ディレクター」の資格は1級、2級とも、5年更新制度を取っており、
更新手続きをしないと、失効してしまいます。

本年ももうすぐ、更新手続きの期限が来ます。

かなりの数の未更新手続き者がいらっしゃるらしいです。

2016年3月31日が更新手続きの期限です。
翌日には失効してしまいます。
あれほど苦労して受験して、合格したのに、
更新しないんですか?

あの合格時の喜びは
もう忘れてしまったんですか?
たった3000円で失ってしまうほど、
価値のない資格でしょうかね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。