お墓の解体工事の費用について


おはようございます。
さわやかな春の朝の但馬、豊岡です。

昨日、叔父の葬儀参列のため、
大阪府和泉市まで、日帰り往復。。。
多少、疲れが残っていますが、
頑張ります。(^_^;)

DSC_0022

3月も終わり、いよいよ4月が始まろうとしておりますが、
春はお墓を建てるのに、一番いい季節ですよ。
夏と冬は、お墓を建てるには、あまりいい季節ではありません。
暑すぎたり、寒かったり、雪が降ったり、雨が降ったり。
秋はいい季節なんですが、晴れの日がなかなか続きません。

なので、
春はお墓を建てるには一番いい季節です。
どうせお墓を建てるなら、
ぜひ、この時期に\(^▽^)/
豊岡東霊苑でのお墓建立、絶賛募集中です。

本題に入りますが、
お墓を建てるのではなく、お墓じまいの話です。

お墓を仕舞う、つまり
お墓の撤去作業ですが、
一番気になる費用ですが、一概には言えないことが多くあります。

「お墓じまいの費用」

上のページで一つの基準の価格を提示しておりますが、
これは実は、全く違う値段になることが多くあります。

「基礎コンクリート」のあるなし、です。

上のページのリンクの写真を見てもらったらわかる通り、
この工事のお墓は全く基礎コンクリートはしてありません。

DSC_0013

土の上にお墓の石が乗っているだけ、です。
なので、この値段で終わっていますが、
基礎コンクリートがあれば、こんな値段ではできません。
場合によっては、2倍、3倍となります。

今現在、お墓じまいの依頼の工事の場合、
20年以上昔に建てたお墓の撤去依頼が8割くらいです。
その頃のお墓は基礎コンクリートなどまずしないので、
この程度の値段でできているわけですね。

今は、間違いなく基礎コンクリートをします。
少なくとも、おおきた石材店ではします。
しかも、その基礎コンクリートは
強度が21か24の配合、
10ミリか13ミリの300ピッチの鉄筋を入れて
厚み最低100ミリ以上で施工しております。

これでは、通常の電動のハツリでは
到底、撤去できません。
エアのチッパーでのハツリ作業が必要となります。
時間と手間は何倍にもなります。

その部分も考慮に入れて、
価格を見直しさせて頂きます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。