Q223~あと一人分しか副碑が空いてない。どうしよう??


いくらたくさん彫れるといっても、限度があります。
沢山のご先祖様がいらっしゃるなら、当然いっぱいになりますよね。

 

DSC_0047

写真のお墓はスペースが空きすぎですが、
それでもあとおひとりしか彫れませんね。

そういう場合どうするか。
4つくらい方法がありそうです。

① 裏に彫刻する

私もよくします。
表に書ききれなければ裏に彫るということ。
費用は一番安く済みます。
ただ、ご先祖様が裏になってしまうという
欠点が。

 

② 同じものをもう一つ建てる

スペースがあればの話ですが、
また全体のバランスのことも考えて、の上での提案ですが、
これが一番いい方法ではないか、と思います。

 

③ ご先祖様を省略して、分かる範囲からご先祖様からの
  副碑を新たに作る

省略という書き方は不適切だったかもしれませんが、もう上げ法事
が済んでいるご先祖様は、
「〇〇家先祖代々諸精霊位」という形でまとめさせていただいて、
それ以降から彫刻した新しい副碑を建てる、ということ。
これもたまにありますが、私はこれはちょっと納得できないな。

あるいは、新たに副碑を新設するにしても、戒名(法名)のみ、彫刻する
という方法もあります。
また、上げ法事を済んでいるご先祖様だけ、戒名(法名)のみ、彫刻して
それ以降は通常通り、というやり方もあります。

上げ法事とは?

上げ法事とはいろいろな解釈があるようです。
私もそのどれが正しいのか分からないのですが、
私の住む地域の風習によれば、
「最後の年忌法要に行う法事で、親戚等も呼ばず、近親家族のみで
お墓にお参りして、僧侶の読経もしていただかない。
別途、お布施はする」という認識です。
通常13回忌以降。33回忌、50回忌などに行う最後の法事。

という解釈です。地域によっては、
「通常より多少、簡素な法事」とか、いろいろな解釈があるようです。

 

④五輪塔を建てる

ご先祖供養の最も手厚い方法として、
五輪塔を建てる、という方法があります。

通常の五輪塔を建てるだけの広さがないと難しいですが、
通常の五輪塔が建てるだけの広さがない場合、
一石五輪塔というスペースがない場合の
細い、しかも背の高い五輪塔もあります。

その五輪塔にご先祖の戒名(法名)などを彫刻します。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。