Q226~お墓の付属品を教えて① 塔婆立


おはようございます。
今回からお墓の基本的なものの名前と役割をご紹介します。

まずは、「塔婆立」(とうばたて)

DSC_0363

こういうものですね。
これが基本的な形。

まず最初に、これは塔婆(中に刺さっている、木)を建てるものです。
なので、塔婆が必要なければ、塔婆立も必要ないですね。

①仏教以外は必要ないです。
神道とかキリスト系宗教とか、新興宗教も基本的に必要ないです。
仏教系でも伝統仏教以外はほとんど必要ないですね。
②浄土真宗も使いません。
塔婆というものがありません。
塔婆というのは、塔婆供養として使うもので、供養という概念がない浄土真宗は塔婆も
使いません。(亡くなると同時に西国浄土に往生する、という考えなので、供養する必要がない)

なので、それ以外の仏教の宗派のみ、作ります。

但馬、豊岡で多い形は一番上のオールステンレスで
足元の台だけ石とか、地面にそのまま刺さっているタイプ。

DSC_0348-2
これは、石の柱にステンレスやアルミの輪っかが付いているタイプ。
この塔婆にこの塔婆立はサイズが合っていませんね。
もう少し小さなタイプがいいと思います。

塔婆は水塔婆って言って、すごく小さくて薄いタイプから、
かなり背の高いタイプまであるので、その塔婆の大きさに合わせた
塔婆立でないと、塔婆が倒れたり、風で壊れたりすることがあります。

 

DSC_0361-2

これは全部、石のタイプ。
がっしりしていて、一番強い感じがします。
おそらく一番高価だと思います。

その他に外柵の一部に塔婆立が組み込んであるタイプや
中には、塔婆立がないので、PCブロックを代用しているお墓も
見かけますね。

必ず必要なのではなく、お参りに持って行って、
そのまま持って帰られるような場合、必要ないと思います。
お墓にある程度置いておく場合にあれば便利、という程度です。

ちなみに塔婆はあまり古くなったものは焼却等で整理しましょう。
目安は1年、あるいは古くなったなと感じたとき。です。
お寺によっては焼却をしてくれる寺院もありますが、
していない寺院もあります。
その場合、石材店等にお願いしましょう。

燃えるゴミに出すのは、ちょっとね。。。
(燃やすのは同じですが、ゴミと一緒というのは気が引けます)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。