もう後がない。。。


おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北です。
17、18日と東京に出張しておりました。
私の参加する日本石材産業協会という全国組織内に
新しいチームを立ち上げるためのお手伝いをしてきました。
名前は、「顧客満足推進委員会」

どこかで聞いたことがありそうな名前です。
大手の企業なら、会社内にある部署でしょうね。
でも、石材業界は実は
最もこの言葉と縁遠い業界のひとつなのです。

消費者センターの集計で、「相談件数」が
あの、不透明な価格で有名な
「葬儀業界」の何と2倍の相談件数があるそうです。
ちょっと驚き、と同時に
やっぱりそうなのかと。

まあ、あまり突っ込んだ内容は、業界批判となるので、
辞めておきますが、
わざわざ東京まで行ってお手伝いしなくてはならないほど
大事なことなんだという意識を持った会議です。

 

「もう後がない、もう時間がない!!」
そう言う意味合いの会議なんですね。
しっかりと学んでいきたいと思います。

DSC_0003

行きは、経費節約のため(???)
こだま、で京都から東京まで。
4時間弱ですよ。
豊岡から京都までも3時間弱なのに。。。
(あ、それって、当たり前か。。。距離的には(^_^;))

のぞみなら、3時間かからないですよね。
やっぱり早いな、のぞみは。

あ、でもこだまに乗ってわかったんですが、
スピード自体は速いんです。
駅の停車時間が半端なく長い。
のぞみ待ち、ってやつですね。(^_^;)

平気で5分、10分停車します。
すぐ発車する駅は、
「すぐ発車しますよ」って、アナウンスがあるんです。
どんだけだよ。。。(^_^;)

 

DSC_0005

会議の中で、神奈川の石材店さんで私の師匠の石材店さんが
お持ちになられた、ボードゲーム、「檀家」!!!
住職になって、檀家をいかに増やすか、というゲームらしいです。
一度、プレイしてみたいです。。。\(^▽^)/

 

DSC_0006

それから、お誕生日の事務局の星野姐さんにお花を。。。
お誕生日おめでとうございます。

一泊して、翌日は、別の会議。
本部の役員会的な「理事会」
今日は新旧の交代の会議で総勢90人以上。
すごい数です。
初めての会議室らしいです。

DSC_0013

 

全国から集まってきています。
ホントに支部長さんは大変ですよね。

DSC_0016

モザイク掛けているけど、分かる人はわかってしまうな。。。汗

私はメンバー(理事)ではないオブザーバー資格
(てめえは部外者なんだから、おとなしくしておけよ。発言するなよ という意味)
としての参加。(^_^;)

なので、午前で切り上げて、午後から帰途に。
理事の皆さまは午後5時までみっちり会議です。。。(^_^;)

DSC_0018

東京駅の真向かいのオフィスビルの中の小さな書店で
「僕だけがいない街」の6~8巻を大人買いして、
新幹線に。

DSC_0020

帰りは、のぞみです。。。\(^▽^)/
やっぱり早い。
停車時間が短い。。。
短かすぎて、時々降りれずに困っている人が。。。
(そんな人はいね~よ。。。)

その後、京都駅から「特急きのさき」福知山行きに乗って1時間半。
福知山駅から車で1時間15分。
やっとこさ、帰宅しました。
疲れたけど、やらなくてはならないことが山積み。
仕事も山積み。
明日から(今日から)も頑張ります。
よろしくお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。