メイドイン中国製品の保証。


久しぶりにしっかりと雨が降っています。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北です。

少し前、お墓の戒名追加彫刻のため、副碑を取りに行ったんです。
そのお墓には、収納箱を設置させていただいたんです。

DSC_0036

これです。

観音扉と言って、両開きになっていて、
掃除道具などを置いておけるんですが、
施主様から、
「グラグラしてるので、何とかならない?」
と聞かれました。

触ってみると、確かに、これはグラグラです。

DSC_0026

屋根の石は簡単に外れてしまいます。
というか、乗っているだけの状態。。。(^_^;)

DSC_0030

触ると、どれもこれも、外れてしまいます。

「無償にて、修理させていただきます。」とお答えしました。

施工後、7年くらい経過しております。
でも、あまりにもひどい状態ですね。

持って帰って、組み立てます。

一番下の基礎石がかなりしっかり固定していて、
(というか、自分で施工したんですけどね。。。)

何とか取り外して、持って帰りました。

DSC_0005

石にへばりついている接着剤の残り、をしっかりとそぎ取ります。
これが残っていると、また施工不良になります。

接着剤の材質が基本的に違います。
このように、スクレーバー(刃のついた道具)ではがれるようなものは
固定しません。
硬くて、グラインダーなどでスリ落とさないと取れないのが普通なのです。

きれいに取り去ると、

もう一度接着剤で固めます。

DSC_0003-001

石材専用の接着剤。これはかなり強力に固まります。

これは、固まるまで約1日かかりますが、
非常に強力です。

早く固まるタイプのものもありますが、
強度が比較にならないほど悪いです。
あとで施工不良になります。

もともとの接着剤はその速乾性タイプなのかもしれません。

噂ですが、
この中国製の収納箱は施工が甘いので、
いつ外れるかわからない。
ので、
「屋根の石だけで持ち上げるといつ外れて
落ちてしまうか分からないから、
そこの石をもって運べよ」
と、同業者の石屋さんから聞いたことがあります。

7年もった(いや、もってないかもですが)ので、
良い方なのかもしれませんが。。。

とにかく、お墓、およびその付属品は
10年保証、なのが一般的なのですが、
7年もって良い方だとすると、
お墓の付属品としては使えない、
ということになります。

他に一基のみ、この納骨箱を設置しているので、
そちらも確認しておきます。

その後、
DSC_0012

接着しなおしました。
しっかりと固まれば、10年以上は持つはずです。
このようなものは、部材のみ、中国で作ってもらい、
組み立ては日本で、あるいは自分で組み立て
という方法でないと、お墓には使えませんね。

メイドイン中国製品はいろいろなことを考えておかないと
行けない、改めてそう思いました。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。