メイドイン中国の良いところ、悪いところ。


おはようございます。
まだ雨降ってます、の月曜日です。

皆さんの元気はいかがですか?

元気50%くらいの絶好調の
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、
おおきた石材店です。

月曜日はなかなか元気が出てこないもの。
でも、大丈夫。
元気なくても絶好調だと自分と周りの人に言っていると、不思議と心も体も絶好調に
なってきますよ。
不思議なものです。

ところで、昨日書いた
メイドイン中国、という記事
思わぬたくさんの人に読んで頂きました。
が、どうも続きが書きたくなったので
続きです。

私たち日本人は、今8割以上、
中国人にお墓を作ってもらっています。
メイドイン中国製品が溢れかえる日本では
さほど珍しいことではないのかもしれません。

かつては、

日本のお墓はほとんど日本人が作っていました。

DSC_0290
日本の職人さんが、時間と労力をかけて、作っていました。
成長し続ける日本経済。
たくさんお墓も需要があって
もっと安く、たくさんお墓が作りたい、
と考えたのは日本人自身です。
安いみかげ石が採れて、
じゃあ中国人に作ってもらおう、
と考えたのも日本人です。

安く、大量に、
でも少し品質が良くないけど
他の中国製品と同様に、
それでいいんじゃない?
と考えたのも日本人と日本の石材店です。
もちろん、私も含めて。

中国製のお墓。

安くで建てられるので、誰でも建てられるようになった半面、
クレームが起きてそれに対処しなくてはならない。
そんな普通の日用品と同じになってしまった。

そこが、
日本人のお墓観の変化に影響してるのではないのかな、
とか思えてならないのですが。

そこをしっかりと理解しないと、
なかなか、日本人の葬送の簡略化、簡素化、を押しとどめるとか、
かつて日本人が持っていた先祖供養に帰ろうとか、
いうことは、難しいのではないでしょうか?

モノの延長でしかない、中国製のお墓と
日本人が作った、供養の対象となるよう、
そういう思いで作ったお墓。

見た目は全く同じなのかもしれないですが、
建てた人、作った人にとっては、
ずいぶん大きな違いがあるような気がします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。