Q242~土葬って出来るの?


法律的には禁止されていません。
が、ほぼできません。

おぼうさん3

まず、霊苑と呼ばれる施設、市営、民営、などを含めて
火葬後の焼骨の収蔵、または埋蔵を前提に作られています。

物理的に土葬できるだけのスペースがありませんし、
土葬自体を禁止している施設が多いと思います。
また、具体的に禁止してなくても、
周囲の墓地使用者から反対されることは間違いないし、
管理者からやめてほしいという要請は必ずあるでしょう。

田舎の墓地、野墓地とかみなし墓地の場合、
可能な場所はあるかもしれません。
しかし、具体的に行う場合、
埋める穴は1.5m以上深い穴が必要で、
その穴掘りに協力していただける人を探すのが困難では?
おそらくですが。

また埋葬自体も行為も一人では不可能で
色々と難しいと思います。

まとめとして、
法的には可能ですが、
物理的には難しいと思います。

ただし、

現在も慣習として、土葬をしている地域があるなら、
全く別です。
そんな地域があるのかどうかも知りませんが。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。