Q246~二重台?三重台?名前シリーズ②


和型のお墓には、二重台、三重台があります。

台が二つか三つかという違いですが、

こちらは、三重台。
上から、上台(うわだい)、中台、下台と呼びます。
下台は俗に芝台とも言います。
その理由はよくわかりませんが、芝の上に建てるから、かな。

DSC_0045

関西では通常4つの石を組んで作成します。
が、最近は地震対策等で芝台(下台)が一つモノにしたりします。
ただそうなると、
非常に重たいので、カニクレーンがないと施工できません。
なので、どのような墓地でも、というわけには行きません。

 

 

DSC_0108

こっちは2重台ですね。
写真がすぐに出てこなかったので、天理教の信者さんのお墓ですが、
さほど違いはない、と思われます。

二重台は
遺骨が土中(土の中)に納まるように設計されています。

一方、三重台は
四つの石を組んだ、と先ほど言いましたが、
その組んだ石の真ん中に収まる構造です。

関西の一部納骨だからこそですね。
全骨では到底入りません。

ちなみに、墓相のお墓では、二重台のお墓しかありません。
三重台はあり得ません。
この理由もおそらく推測できます。

 

和型のお墓のほとんどがこのどちらかですが、
一部、例外があります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。