アーティフィシャルフラワー、分かりますか?


おはようございます。

今朝は快晴の予感の朝です。
日曜日ですが、現場仕事をしたいと思っております。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

DSC_0001

今週も雨の日がありそうなので、日曜日でも後れを取り返さなければ。。。(^_^;)

 

先日のアーティフィシャルフラワー。
いかがでしたか?

岩田さんが作り出される芸術的なお花、
アーティフィシャルフラワー、すごいですね。
遠目から見たら、生花と区別が全くつきません。
むしろ、
生花でこれほどのお花をお墓に手向けていらっしゃる方
ちょっといないですよね。
それほど、素晴らしいお花です。

もう一度再確認。

3種類のお花を比べさせていただきます。

まず最初のお花。
Aタイプとしましょうか。

赤が鮮やかな、お花です。
DSC_0074

色使いがさすがだな~~って、いつも思います。

DSC_0076

 

次はBタイプ。
これは少し、色を抑え気味になっていますが、
より後ろのお墓を引き立てているように思えます。

実は、このお花は、このお墓をイメージして作ってもらったものです。
このお墓をアピールするようにアレンジしていただいています。

DSC_0079

映える、でしょ。
いい感じです。

DSC_0081

 

最後はCタイプ。
一番高級感があります。
色々なお花が重なり合って、特別感を出しております。

DSC_0085

実は、このお花は、このお墓ではなく、
先日アップした「プレーチェⅡ」+M1-Hというお墓の写真を見てもらって
それに合う、そのお墓を引き立てるお花、として作って頂いた、
美しく、豪華で、セレブなお花です。

DSC_0088

 

ほらね。

こっちの方が断然、お墓を引き立たせる、
ベストマッチなお花ですよね。

DSC_0096

こうしてみると、
ただ単にお花と言っても、
ただ豪華、ただ美しいだけでなく、
そのお墓を引き立たせる、
という要素をもつことで、
唯一の、オンリーワンなお花になりますよね。

どうでしょうか?
デザイン墓にピッタリなアーティフィシャルフラワー、
魅力的だと思いませんか?

ただ今、期間限定で、
デザイン墓を建てて頂いた方限定で、
このオンリーワンのアーティフィシャルフラワー
無料進呈しております。

期間限定、数量限定です。
お問い合わせは、

メールでのお問合せ      メールフォーム

電話(フリーダイヤル)     0120-497-143

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。