エンディング産業と顧客満足。


おはようございます。
二日間、東京に出張しておりました。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

そのレポートを何度かに分けて、お伝えしたいと思います。

早朝、朝4時半、工場を出発し、一路、福知山駅へ。。。

IMG_20160823_053529

途中で、

「スマホが。。。ない!!」

 

とか、

204987

「のぞみに乗ったつもりが、ひかりだった!!」

 

などの、
軽いアクシデントが、あったりして、(軽くはないな。。。(^_^;)

1時間くらい予定より遅刻。

10時くらいに到着する予定でしたが、
東京に着いたのが、11時半でした。

 

IMG_20160823_123309

急いで有明の東京ビックサイトへ。

 

IMG_20160823_123236

二度目くらいですが、広い。。。広すぎる。
会場に入るまでに、どんだけ歩くんだ。。。(^_^;)

 

IMG_20160823_123351

やっと着きました。

1471939213744

非常に華やかです。
もう、華やいだ空間をいかに演出するか、
それを競っているような、
そんな空間でした。

エンディング、ですよね。
供養とか、葬儀とか、お弔いとか
ですよね。

そういう漢字的なイメージが、
カタカナ文字になってしまうと、
エンディングとなってしまうと、
こんなことになるんですね。

その中で、異彩を放っているのが、
「石を展示しているブース」でした。
そんなに暗いイメージではないですが、
周りが、あまりにも華やかなので、
余計に、暗く感じてしまうのか。。。

そのあたり、他の人も感じていたようです。

羽黒石材工業の中野さんの記事にも、近い感想を書かれておられました。

rolling stone~手作り墓石の石屋さん

中野さんおっしゃる通り、
石は重いです。
重くて暗い、というか黒い。
地味です。

その重くて地味な石を展示するブースの中でも
供養するためには最適な、重くて、地味なものとして見せるのか、
その暗くて重いものを、軽く、明るいものに見せるのか。
なかなか、いろいろ工夫があって、
面白いな、と思いました。

どっちが正しくて、どっちが間違っている、
ということはないと思います。

でも、他業界のブースとの違いは凄く落差があります。

実際に供養の現場で行われることと、
展示会で目を引くための展示は違うのだろうな、
ということはわかりますが、
ちょっと、違和感を感じたのは確かでした。

その中で、

IMG_20160823_135746

石工男子の総選挙、少しだけお手伝いしました。
なかなかにイケメンぞろいなんですよ。
石工。
石工男子

などと、いろいろやっておりました。
出会った人もいろいろありましたが、
私が出会って、お話しした業界の個人的なキーマンが7名いました。
その方々を何度かに分けてご紹介します。

まずは、まだ2度しか、しっかりとお話ししたことがないのですが、
すごく影響を受けた人、

翼石材の青木秀敏さんです。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。