色々な側面を併せ持つのが魅力の源泉~キーマンシリーズ⑤


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

急に秋になってしまったようです。

IMG_20160828_094652

菊がそろそろ。。。
桜はまだ咲きません。。。

花は季節とともにありますよね。
この花が咲けば、この季節って、一目でわかります。
季節の移り変わりを花によって感じることも
日本人の一面なのかも。

そして、葬送、
そして、お墓にも花は必要不可欠となってきています。

お墓、仏壇、葬儀のお墓のことを仏花といいます。
その仏花、特に、
生花以外の仏花の草分けであるのが、
この、岩田弘美さんです。

フューネラルフラワー協会 代表理事

11393059_691284617663994_8691178434016991076_n

ブリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー(造花)の仏花の草分けであり、
デザイナーでもある岩田さんですが、ホントに弾丸トークです。。。(^_^;)

久々に岩田さんともお話しする時間を頂きました。

岩田さんとの話は、実は。。。あまり覚えておりません。。。(^_^;)

(ごめんなさい。。岩田さん。。。)

でも、この弾丸トークに対して、
その手で作りだされるお花は、
まさしく、アーティスト。
お墓にふさわしい、
何よりもお墓に最高のお花を供えて頂けます。

IMG_20160812_053959 -2

DSC_0180

DSC_0096

このトークとこのお花、これが同じ人から生み出されるのが、
どうしても、分からない。。。

でもね。

人間って、一面のみで生きるものではないですよね。
色々な面、良いところ、悪いところ、聖なるところ、俗なるところ、
沢山の側面が一つになって、
人の深み、奥行き、器とかができるんでしょうね。
岩田さんとお話ししていて、そういうことを感じました。

岩田さんという話好きな女性の中に、
非常に美しい供花、仏花というものを生み出す
アーティストの側面が含まれていて、
さらに、
そのイメージした仏花を素晴らしい精度で生み出す
職人の様な技能も含まれている。

そして、岩田さんも
全く何もない、とんでもないような場所に
しっかりと道を切り開いて、
しかも、
しっかりと作った道を後に続く人が歩きやすいように、
整備までしてます。

そんな強さまでも兼ね備えているところが、岩田さんのすごみですね。

ただの話好きな女性ではないですよ。。。
話に終わりがないですが。。。(^_^;)

キーマンシリーズ5人目は、
寺尾晴邦さんです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。