Q258~おおきた石材店のこだわりは?(トリセツ⑥)


おおきた石材店のこだわり①

文字彫刻は、お墓つくりの仕上げであって、一番大事な部分だと
思っております。

DSC_0033

お墓の形をしていても、
文字が彫ってない状態なら、お墓ではありません。
現に、石材店の展示場などに展示してあるお墓の形をした
展示物は、形はお墓の形をしていて、
見た目でお墓をイメージできるように、展示してありますが、
お墓ではありません。

あの石に文字を彫刻したら、それがお墓となるのです。
なので、
文字を彫ってあるお墓は、もうそのお墓を建てた人のものなのです。
その人の、その家の、その家族のためのものとなります。

なので、
「あ、失敗した。文字を間違えて彫ってしまった。。。
仕方ないので、次に建てるお墓に使おう。。。」
ということは、決してできません。

文字を彫る前なら、他のお墓に代用できるなら、することもあるかもしれませんが、
一端、文字を彫ってしまったら、もう駄目です。

お墓じまいの時、
「買うとき、何百万もしたんだから、いくらかで買ってくれない??」
とおっしゃる方がいらっしゃいますが、
あなたにとって、価値あるものでも、
他の人にとっては全く価値のないものになってしまうのです。

それほど、お墓に文字を刻むという行為は
大きな意味がある、と考えます。

なので、自社加工にできるだけこだわりたいと考えますし、
全てのお墓にはサービスとして、できないですが、
「入刻式」という、最初の文字彫刻の部分だけ、
施主様にしていただく、ということもしております。

DSC_0017

DSC_0032

「K様入刻式」の様子

 

 

 

dsc09457

dsc09464

北山様入刻式の様子

 

 

 

img_20140126_10064722

img_20140128_140712977

S様入刻式の様子

 

「入刻式」をしていただいた施主様は、口をそろえておっしゃるのは、

「とてもいい経験をした」
「こんなことをさせてもらえて、ありがとう」
「いい記念になった」
「息子に、このお墓を建てるお手伝いをしたんだぞ、って自慢できる」

といった感想です。

やはり家族にとって大事なお墓を自分が手伝って建てた、
という想いは、かけがえのないものとなります。
その想いを感じてもらえるように、行っております。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。