Q266~お墓に骨壺が入らない!!どうしよう。。。


こういうことは、あります。
さほど珍しいことでもありません。

以前、正月2日に納骨できないので、
何とかして!!と電話が掛かってきたこともあります。

原因は骨壺の大きさ。

関西の骨壺の大きさはこれくらいが普通です。
五寸、六寸のサイズですね。
大体直径が手のひらサイズが多いと思います。

2

時には、分骨用のさらに小さいサイズの時もあります。
分骨と言いながら、それだけ、という場合。
そういうサイズが基本なので、お墓の入り口は小さめです。

中の納骨スペースも狭いことが多いですね。
このサイズで、4~6柱入れば、一杯ってくらいが多いです。
しかし、
関東はもう少し大きいですね。

a5d96244-s

これはおそらく10号(1尺サイズ)だと思いますが、
これほどではなくても、これくらいは入るようにできています。
なので、関西型の納骨方式では、絶対に入りません。

5527_350656021740541_1206468033_n

このように手前の拝石(お参りするときに乗る板石)をどかすと、
その下に納骨スペースが現れる、という
ちょっとドラマチックな方法で納骨します。

このサイズをお骨を引っ越しして、関西のお墓に入れようとしたら、
入らないのは当たり前ですね。

関西では、一部の焼骨しか、お骨拾いで拾いません。
関東では、できる限りの焼骨を壺に納めて、納骨します。

この違いが壺の大きさの違いとなります。

このお墓は、壺が入りにくいので加工したお墓です。
非常に狭い納骨口ですが、
これは、古いお墓なら、普通の大きさですね。

dsc_0013

 

このように入り口を加工して、

dsc_0015

 

このサイズの骨壺が何とか、スムーズに入るようになりました。

dsc_0024

 

このように関西、関東と壺サイズがずいぶん違います。
また、

同じ関西でも、昔はもっと小さかったのですが、最近は徐々に
大きくなってきています。
古いお墓には、最近のやや大ぶりの骨壺が入らない、ということは
よくあります。

壺ごと納骨の場合は、お墓に入るかどうかを確認しておきましょう。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。