豊岡の石、「竹野石」


こんにちは。
今日二回目の更新の
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

今、今までにないくらい大規模なお墓のリフォーム工事を行っております。

img_20160930_082713

この草むらのお墓を
防草仕様のメンテナンスしやすいお墓に。
施主様が、草取りが本当に大変で、草取りを毎年、依頼されていたんですが、
子どもの代になるまでに、この大変さを何とかしたいとのことで、
草が生えにくい(全く生えないのは、難しいのです。)お墓へ
リフォームしております。

img_20160930_141908

まず、土と一緒に、表面の土を削り取って、処分。
コンクリートを施工するので、
その分をすき取ります。

 

img_20160930_141913

このように、薄くすき取っていきます。

img_20161001_140753

端に残った草はスコップですきとって行きます。
なかなか大変な作業です。

ダイエットにはもってこい、かもですね。

img_20161001_121432

墓地前の敷地がとても広いので、
すきとる土と草の量も半端ない(^_^;)

img_20161001_141333

このように、3トンダンプに積み込んで、処分場まで運ぶんですが、
軽く3tダンプ2台分の残土が出ました。
すきとるのも、運ぶのも大変です。

 

その後、長い年月の間、隙間が出来たり、ズレたりした境界の石を
元の位置に微調整して、金具で固定します。

img_20161003_152403

昔の石なので、あまりしっかりと基礎工事をしてなく、
簡単に動いてしまいます。
今回は、コンクリートとこの固定金具で石を固定し、
できるだけ動かないようにします。

動くと、その間に隙間ができて、
そこから、草が生えてくるんです。
そうなると、
「これだけ費用かけて防草工事したのに、もう草が生えてきた!!」
となってしまいます。
ので、石が動かないように、しっかりと固定しなくてはなりません。

うまい具合に、この石は、日本海の竹野地区で採掘された
「竹野石」という石なので、軽くて固定しやすいのです。
東石材店さんの石ですね。)
但馬北部の地域では、
土蔵の基礎石、
家屋の基礎石、
お墓、
お墓の台石、
犬走の石などに利用されていて、
非常によく見る石です。
軽くて加工しやすいのです。
色は青系、肌色系、など2色くらいがあります。
青い方が、
「青井浜」と言って、今、ドックビーチになっている海岸で
東石材店さんが採掘されていた石です。

今は採掘されていないので、
幻の石、となっております。
(その割には、非常によく見かけますけどね。)

 

 


 

 

 

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。