石材店がお墓そうじセミナーっておかしくない?


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

本日から第9回とくまるゼミナールのセミナーを始めます。
今日、明日と「お墓が好きになるセミナー」を実施します。
明日(23日)はまだ募集中です。

お墓そうじを始める前に、これはしてくださいね。
◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

 

ところで、
石材店が「お墓そうじセミナーっておかしくない?」と、思いませんか?
思いますよね。

お墓そうじって、石材店とか業者にお願いするんだから、
セミナーなんて必要ないじゃない。
金額さえわかれば。。。

って思いますよね。
でも、
「あなたが自分でお墓そうじしてください」
っていうセミナーなんです。

あなたがご自身のお墓そうじをしてください。
そのやり方は手取り足取り、お教えします。

「こんな汚れ、どうして落としたらいいの?」
「どうしても落ちない汚れがあるんです。
業者さんにお願いした方がいいんじゃないの?」

そういった疑問、質問に手取り足取りお教えいたします。

「それって、高額な専用洗剤を売り込まれるんじゃないんですか?」

その心配も大丈夫。
ホームセンターで売っているモノだけで
お掃除しますよ。
「ストック」とか「ナフコ」とか「コメリ」で売っているものだけ。
それで、お墓そうじしてみませんか?

「でも、ネットとかで見たら、市販の洗剤は使っちゃダメって、書いてあったし。。。」

はい、書いてありますね。
中性洗剤はダメ。食器洗い洗剤は色がついてしまう。
酸性洗剤は厳禁、てね。

でも、それはやり方が分からないから。
私が実際に、使ってみて、大丈夫だったもののみを
ご紹介します。
これは、大丈夫でした。
それは、使ってないので、お勧めしません。
という感じですね。

で、今回は、第1回なので、
洗剤よりは、掃除に使う道具をメインにご紹介します。
どんなものを使って掃除するのか。

まず、お墓そうじするのにふさわしい環境というものもあります。
そういった、掃除に入る前の心構えとか
お墓そうじ全体のポイントなどをご紹介します。

今日(10月22日)、明日(10月23日)とお墓そうじの基本をお教えします。
ぜひ、ご参加ください。

 

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

エルダリ―プレス

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。