読書の秋ですが。。。


おはようございます。

日曜日です。

最近、寝る時間が異常に早くなっていて、
10時頃には、寝てしまう日もある。
なんなら、9時半でも、寝れますが。。。(^_^;)

早寝早起きが板についてきた
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
(ただ単に、老化のため、ではないです。。。)

息子が始発の電車で登校するので、それに合わせて
起床➡ヒゲだけ剃って➡駅まで送迎➡帰って朝ごはん➡工場へ
の毎日になっております。

なので、必然的に夜も早寝になっていて、
唯一の楽しみの読書の時間も削られつつある、
ということです。(^_^;)

それでも、わずかな時間を利用して、
本を読みたいと思っていて、
今、読み返しているのが、この本。
(3読目です。。。)

dsc_0018

面白いのはもちろんですが、
非常に日本人として勇気をもらえて、
しかも、困難な場面をどう立ち向かうか、という
心持ちも学べて、
色々な気づきを読めば読むほど、得られる、
司馬遼太郎の名作です。

当時、小さな国であった日本が世界最強の
軍隊を持つロシアと戦って勝った経緯を細かく
詳細に書かれていて、
弱者が強者に勝つためには、どうすればいいのか、
どうすれば、勝てるのかが詰まった本でもあります。

「本日天気晴朗(せいろう)ナレドモ浪高シ」

この言葉に強敵ではあるが、こちらも準備万端、
必ず打ち勝つという強い心意気が表れていますね。

お金持ちになって、なんでも買えるようになったが、
本当にしあわせになったのか。
本当に生きていることの喜びを感じているのか、
生を満喫できているのか、
死ぬ前に、いい人生だったと思えるのか、

そんなことまで考えさせてくれる、
思考や、空想がどんどん広がるのが、
活字の可能性ですね。

ホントに面白い本は何度も何度も読み返したくなる、
それも小説の醍醐味かな。

マンガではこれはないな。。。
あ、でも、
マンガでもこれは面白いですよ。

61znbo3v-nl

キングダム44巻発売中

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。