カマシモノ、の話。


こんにちは。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は、仕事の合間、合間に加工していた副碑が出来たので、
施工に行きます。

ぱっちり、出来上がりました。
しかし、あまり光沢が出すぎると、
他の面との比較で、
いかにもこの面だけ磨き直しました、という雰囲気になりますので、
光沢の出し具合を調整しながら、磨きます。って
言いながら、
そんな器用なことはそうそう上手くできませんね。。。。

何とか磨き上げて、
文字も彫り直しましたので、
設置に行ってきました。

 

お墓の文字の彫り直し

という記事の続きです。
その副碑が完成しました。

dsc_0063

一見、普通に見えます。
ですが、薄いです。
運ぶには楽になりましたが。。。(^_^;)

dsc_0056

薄くなった分、後ろにカマシモノを作って、入れました。

 

dsc_0057

向かって右。
後ろにカマシモノをしております。
こうすると、足の後ろ側が広くなります。
(足の中心に乗っていたものが、カマシモノだけ後ろが
広くなるので)

ホントは、この半分のカマシモノを作って、前と後ろ両方にかました方が
いいんですけど、石は薄くすると割れるので、
やや前のめりはご勘弁していただきます。

 

dsc_0058

向かって左も。
このように、見た目はほぼわからないように、加工したように見えますが、
よく見ると、このように、処置した後が残ります。

やはりまとめとして、

戒名碑(副碑)に戒名、法名他を彫刻するときも、
決して間違わないように、慎重に原稿確認等をしましょう。

となります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。