ユーザーの立場に立つと。(前編)


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズです。

dsc_0031

眠そうな顔ですが、実際眠いです。。。(^_^;)

私がこのお墓を建てる仕事を始めた頃は、
墓石ほぼ100%、自社加工でした。
自分で作っていたわけです。
それが当たり前でしたね。

自分でカットして、
自分で磨いて、
自分で彫刻して、
ほぼすべて自分加工でした。

加工の仕方は父に教えてもらいました。
外部に修行へ行ったことは、ないですね。
ほぼ。

で、その頃、よく言われたのが、
「手が切れるような面を作れ」
ということです。

どういうことかというと、

dsc_0006

この矢印のように、石の角を「面」といいます。
この面は、加工時、あるいは、研磨時の熟練度によって
どんどん鋭くすることができます。
で、一流の職人は、この面を
「手が切れるくらい」の面と表現するわけです。

一流の職人の作った墓石は、確かにこの面を触ったらわかると言いますし、
それは本当です。
「手が切れそうな面ですね。」とか言います。

カミソリのような面、とかも言うかもですね。

実際、切れないのですが、切れそうなほど細い面ということです。
(実際に手が切れる場合、それは面が磨けてない=加工不良品です)

この面の細さが石職人の実力だ、という価値観が間違いなくあります。
私もその価値観は持っております。

でも、これはちょっと疑問があるんですよね。

石の性質上、この面が尖っていれば(細ければ)、いるほど、
欠けやすく、もろくなります。
自然に存在する石って、基本角がなくて、丸いものが多いですね。
でも、石を割ったときだけ、鋭くとがった石が出来上がります。
しかし、その尖った面を持つ石も、
長い間の風化によって、角が取れ、丸くなるんです。

mentori-m-02
その自然に反する尖った面。

それを作り出すことが職人の心意気であり、
技能なのですが、
これは職人の世界の話。

お墓は、職人が作り出すけど、
出来上がったら、お客さん、施主さん、
つまり素人の方のものになるわけですよね。

素人の方は、この石の性質を全く知っておられません。
当然ですよね。
石って硬いモノ、という先入観がありますし、
ましてや、自然界にあまり存在しない尖った面を持つ
石の事なんて、知るはずがないわけです。

石が割れた時だけ現れる尖った面。
でも、それがすごくもろいなんてことは、
知るはずがありません。

なので、
施主様に渡ったお墓はすぐに欠けてしまいます。
今、おおきた石材店はその部分を考慮して、
石と石が接触する、当たる部分には、緩衝材として、
目地テープと呼ばれるものを貼っております。

でも、それはほんの気休め。

石同士が当たると、ホントに簡単に欠けてしまいます。
和型のお墓の花立と水鉢は、10年以上経過しているお墓なら
どこかしら、欠けているのが普通となっています。

どうすればいいのか?
どう対応すればいいのか?
いろいろ考えてみました。
当時の私は。。。

 

(夕方に、つづく)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。