お墓の前周りをリフォーム


おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、カズ(stoneman-ohkita)です。

dsc_0015

冬が来た、ようです。
寒いです。
雪はまだまだですが、雨ふりの朝です。

最近、何かと、お墓リフォームの記事が続きますが、
リフォーム多いんですよね。
お墓はやっぱり10年20年すると、だんだん汚れ、
いたみ、などが出てきて、
ある程度の期間ののち、リフォームすることによって
すごく美しくなります。
そうすると、
お墓参りにも行こうかな、って気分になるし、
お墓はきれいに越したことはないですよね。

というわけで、
お墓の中で一番汚れやすい、お墓の前周りのリフォームです。
今回のお客様は、ご家族のおひとりがお亡くなりになり、
追加彫刻をご依頼いただきました。

その際、こんなリフォームもありますよと
ご提案。
じゃあ、お願いしますと、2つ返事。

施工前のお墓の写真です。

img_20161017_072244

花立の石に直接、水が溜まっております。
これは、今ではステンレスの筒を入れて、その中に水を入れる、というのが
一般的。
寒冷地だと、中の水が凍って、花立の石が割れることもあります。
また、石に直接水が入っていると、お掃除の度に、石をひっくり返して、
花立の石の掃除からしないといけませんでした。

今では、ステンレスの筒がはいっているので、掃除もすごく簡単。

そして、真ん中の水鉢という石。真ん中に楕円形にくりぬいてありますよね。
これは、水を受ける部分。
水鉢というくらいだから、水を受ける部分がくりぬいてあるんですが、
この部分が汚れて、掃除が大変。

そこで、今は、ステンレスの取り外しできるコップの様なものがあります。
汚れても、外して、水洗いできます。

さらに、線香立。上の写真では、丸い石の中に灰とかビーズとかが入っていて、
それに線香を建てていたんですが、今は下のようにステンレスの線香立があります。
取り外しできるので、掃除も簡単。

それらすべてをリフォームして、下の写真のようになりました。

 

 

dsc_0018

これで、

石自体は一切動かすことなく、
ステンレスのものを外して、掃除するだけ。

とてもお手軽です。
いままで使ってなかった人は、
「え、ホント便利!!」と思うこと、請け合い。

お墓も日々、進化しておるんですね。
どんどん、お墓も変わっていきますよ。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。