Q269~永代供養墓とは?


最近、永代供養墓というお墓をよく耳にしませんか?

新しいお墓の形として、田舎、都会を問わず増えてきています。

形の特徴として、

屋内にある、ロッカータイプのもの
屋外にある、屋根付きの家屋のような形状のものが一番多いですね。
さらに、
小規模で同じ形状のお墓が建っている一区画の墓地全体を
「永代供養墓」と命名している場合もあります。

屋外型には、地下に合祀スペースを持つ永代供養墓も多いですね。

dsc09635

※ 写真は、東京都営小平霊園の大規模永代供養墓。

dsc09639
非常に多くの方々の遺骨が納められています。

その特徴として、

① 「後継ぎ(後継者)を必要としない」

子供がいなくても、入ることができるんです。
むしろ、子供のいない方が入られることが多いお墓ですね。
新規にお墓を建てる場合、跡継ぎがいないと、建てられない場合もありますから。

② 永代といってもそのままずっといられない

永代使用料という言葉と同様、永代と言いながら、ずっとそこに居られるわけではありません。
(一部、ずっといられるお墓もありますが。)
一定の期間が過ぎれば、別の場所に移される場合が多いです。

③ 管理料などは通常必要ない場合が多い

(納骨時に支払う料金以外は必要ないことが多い)
出来たばかりのお墓のジャンルなので、今後どうなるか、永続的に存続するのかなど
いくつか不安材料があります。

あくまで建造物なので、後から管理料が必要になってくる場合もあります。
また、あらかじめ、管理料が毎年一定の金額必要な永代供養墓もあります。

大規模な構造物はもとより、小さな構造のものも
メンテナンスって、将来的に必ず必要となってきます。
その時、誰が費用を払うのか?という部分が
よく決まっていないものも多いと聞きます。
そういう、細かな部分をしっかりと確認して、ご利用されることをお勧めします。

似たものとして、
「樹木葬」「桜葬」などがあります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。