Daily Archives: 2016年12月6日

sale11

Q274~お墓の石の名前は何があるの?(日本の石、東北編)

Q273~石の名前って、どうなの??

で、石の名前に統一基準がないので、いろいろな名前を付けている場合があるよ、という話をしました。
じゃあ、どういう名前なら、大丈夫なの、っていう疑問が出てくると思ったので、
正式というか、たくさんの石材店さんが共通認識されている名前を明示してみました。

まず、日本の石。
その中で、東日本、東北あたりから。

条件は、
(一社)日本石材産業協会発行の「墓石用石材規格カタログ」

sale11
「世界の銘石石材カタログ235(株式会社インデックス発行)
x_sekai235_b
などに載っている石材名を参照しています。

北海道、東北地区。

【東北地区】

<岩手県>
姫神小桜

<宮城県>
吾妻みかげ
吾妻みかげ(糠目)
伊達青糠目石
伊達冠石
磐梯みかげ

<秋田県>
男鹿石

<福島県>
青葉みかげ
あだたら御影(細目)
あだたら御影(小目)
いわき桜みかげ
浮金石
大倉みかげ
紀山石
黒森みかげ石
高太石
芝山石(細目)
芝山石(中目)
十万石青みかげ石
滝根みかげ
中山石
白馬石
八光石
花塚みかげ
早渡石
東山みかげ石
福島本みかげ
深山ふぶき
和田山石

両方に載っている石材名は太字になっています。

※ カタログに載っている石材名を順に載せているだけで、
現在採掘、取扱不可の石も含まれていることもあります。
ご了承ください。

ここに載っている石の名前は、一般的に正式名称と言われる名称です。
多くの石材店が見積に使う石の名称です。
逆に言えば、ここに載ってない名前の石は、自分で考えた名前の可能性があります。※ 乗ってなくても、実際に存在する名称はあります。詳しくは実際の石と名前を
照らし合わせなくては、識別できない場合もあります。


◇ 「Q274~お墓の石の名前は何があるの?(日本、東北編)」(←この記事です)
◇ 「Q275~お墓の石の名前は何があるの?(日本、関東甲信越、中部、近畿編)」
◇ 「Q276~お墓の石の名前は何があるの?(日本、中四国、九州編)」
◇ 「Q277~お墓の石の名前は何があるの?(中国編)」
◇ 「Q278~お墓の石の名前は何があるの?(インド、その他の国編)」

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
girl_surprise

Q273~石の名前って、どうなの??


お墓に使う石の名前って、いろいろありますね。
日本で採れる石の名前は、おおよそ決まっておりますし、
中には、登録商標を取得している石もあります。
庵治石、大島石、真壁小目、万成石、伊達冠石など。。。

では、外国の石は?
外国の石って、はっきりと決まっていない石があるようです。
最初に採掘した人、などが命名して
それが通称となっている場合もあるようです。

特にインドの石は、実は〇〇さん
(採掘者とか最初に扱った石材商社)のイニシャルを取って。。。
という場合があるそうです。

まあとにかく、

中国の石は、
「アルファベット一文字 + 数字(3文字~4文字が多い)」
という名前が通称として多いようです。

G623とかG614とかね。
あと、Ag98とか、K1704とか。
それぞれ、通称というか、石屋さんなら
「ああ、あの石か」と大体わかる程度には
知っております。
知らない人は、石屋さんではないと思います。

インドの石は、
微妙なカタカナ表記が多いですが、
アルファベット表記のものも多いですね。

アルファベット表記のものは、ほとんど日本での通称です。
中国との違いを出すため?なのかどうかわかりませんが、
そういう名称が多いですね。
逆に、アルファベット表記のものは、石自体の通称が多いので、
インド、中国、日本それぞれその名で通用します。
アーバングレー、バングレー、銀河、インペリアルレッドなど。
アルファベット表記+数字のものは、
M3、M10、M13とか、

など、今インドの石は需要が増えつつあるので、
新しい石種も増えつつあり、名前も微妙に違ったりして、
確定するのが難しい部分もあります。

ただそのことを利用して、
自社で独自に名前を付けて、販売している石材店が一部にあるようです。
そういう名前の石って、聞いたことないよ、っていう名前があります。

理由は、
見積を比較できなくするため、
その石の値段を判別しにくくするため、
くらいしか想像できません。
お墓を建てる方を惑わすことにしかなりませんし、
お墓を建てる方のメリットになるとは思えません。

業界全体の統一名がない、というのが
最大の原因なのかもしれませんが。

 

 

ここに載っている石の名前は、一般的に正式名称と言われる名称です。
多くの石材店が見積に使う石の名称です。
逆に言えば、ここに載ってない名前の石は、自分で考えた名前の可能性があります。※ 乗ってなくても、実際に存在する名称はあります。詳しくは実際の石と名前を
照らし合わせなくては、識別できない場合もあります。


◇ 「Q274~お墓の石の名前は何があるの?(日本、東北編)」
◇ 「Q275~お墓の石の名前は何があるの?(日本、関東甲信越、中部、近畿編)」
◇ 「Q276~お墓の石の名前は何があるの?(日本、中四国、九州編)」
◇ 「Q277~お墓の石の名前は何があるの?(中国編)」
◇ 「Q278~お墓の石の名前は何があるの?(インド、その他の国編)」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」