デザイン墓には避けた方がいい4つのポイント


最近、豊岡でも増えつつあるデザイン墓。
オリジナルデザイン墓も市営霊苑を中心にいくつか建ちつつあります。
おおきた石材店でも、デザイン墓をお勧めしております。

まあ、完全なデザイン墓ではなく、
インターロック社のプレミアムデザイン墓というお墓なんですが、
まだまだ但馬地方、豊岡近辺は建墓数が圧倒的に少ないので
但馬で第一号となる場合もたくさんありますよ。

IMG_20160812_053959 -2

 

DSC_0107

 

DSC00190-2

さて、但馬でもこれからたくさん建ちそうなデザイン墓。
他の商社さんもたくさんデザインされているんですが、
これはちょっと。。。大丈夫なん?
ということがあります。

整理してみたら、4つくらいありそうに思います。
デザイン墓なんだから、デザイン重視でいいんじゃない?
と思いがちですが、そうでもないのです。
まず、
石の性質をよくわかっているかどうか。
それから、
長い年月、風雨にさらされていくことを考慮に入れているかどうか?
10年、20年、風雨どころか、雪の中ということも考慮に入れて
設計されているかどうか。

などを考慮して、設計されているのなら、いいのですが
どうも、そういうことを考慮してない、
いや、知ってないで設計されているものがありそうです。
それをご説明したいと思います。

「Q&A」シリーズで4回に分けて書きます。
まあ、私自身の判断なので、
「そりゃ、心配する必要ない」と思われる専門家の方もいらっしゃるとは
思いますが。

 

※ 書けた時点で下にリンクを貼っていきます。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。