ブラストシートのサンプルが届きました。


こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
ぼちぼちお正月ムードを払しょくして、お仕事頑張らねば。。。と思っていますが、
組合の新年会と出初式が終わらないと、なかなか、本気モードにならない。。。
良くない傾向ですね。

ところで、
以前、ストーンアシストというイベントで紹介した
これ。

dsc_0034

ピコムというメーカーの新製品。

お墓の文字彫刻に使う、マスクシート。文字彫りシートとも言いますが、
そのサンプル版が出来たそうです。

「ちょっと使ってみて、感想をブログで書いて(^O^)」

と、湯口さん(写真の派手なスマートウォッチを付けてる人)から電話があり、
早速到着しました。

dsc_0073

宅急便。
開けてみると、

dsc_0075

マスキングシート。
一見普通のシートのように見えますが、

dsc_0077

ブルーではない、です。
透明です。

以前の記事でも書いたんですが、透明なので、
下地が見えて、文字の微調整ができる優れものです。

dsc_0080

墓っていう文字が、プロッタでカットされているんですが、
良く見えませんね。

今回は試作品で、0.7ミリの厚みです。
プロッタでカットはされて、行けそうなんですが、
手切りも感想が聞きたいようで、私にお鉢が回ってきたようです。

また、今使っているブルーのシートは0.65ミリなので
この0.7ミリが細文字の彫刻に使えるのかどうか?
太文字では無理か、使えるのか、そのあたりをレポートしてほしい(んだろうな。おそらく。。。)

まあ、とにかく、使ってみます。
体験レポート、初体験かも。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。